1. ホーム
  2. 年齢別で選ぶ!いまの年齢に最適のキャットフード
  3. ≫成猫・アダルト用の良いキャットフード・悪いキャットフードの見極め方

成猫・アダルト用の良いキャットフード・悪いキャットフードの見極め方


成猫・アダルと用の良いキャットフード・悪いキャットフードの見極め方
小さかった子猫ちゃんも大きくなり、成猫期と呼ばれる時期になってくると、今までとはお世話の仕方が少し変わってきます。その一つが食べ物!

様々なキャットフードが市販されていますが、どれを選んだらいいのか悩みどころです。

そこで、成猫期の猫ちゃんのキャットフードの選び方を含めて、食餌についてお話しします。

成猫期のキャットフードは生後10か月~7歳に用いて下さい。

カナガンキャットフード生後10か月~7歳頃までの成猫ちゃんにおすすめNo.1のキャットフードは「カナガンキャットフード」」です。
価格:1.5kg ¥3,960+税
公式サイトで確認する


良いキャットフードの条件はこれ!成猫期に摂らせたい栄養と避けたい成分

高たんぱくが〇基本的に全ステージにおいて猫の食餌は高たんぱく質、低炭水化物食であるのが一番です。その中でも成猫期は維持期と呼ばれる時期です。

子猫期は急激に体重が増え、多くのエネルギーを必要としたのに対し、成猫期は子猫期ほどエネルギーを必要としません

10ヵ月くらいから徐々に成猫用のキャットフードに切り替え、1歳になるころには切り替えが終わっているのが理想です。

猫は様々な理由でグルーミング(毛づくろい)を行います。飲み込んだ毛が胃の中で絡まってヘアーボール(毛玉)を作ってしまうことがあり、食欲不振や嘔吐などの原因になります。

これは主にペルシャ、アンゴラなどの長毛種に多いのですが、成猫期のキャットフードはこのヘアーボール対策として毛玉ケアとうたって消化されない食物繊維を多く配合するものが多く存在します

食物繊維は消化器の活性につながりますが、多すぎるのは問題です。

毛玉ケアは食餌で行うのではなく、ブラッシングなどで行い、毎日のキャットフードは毛玉ケアではないものをベースに健康な体作りを目的にチョイスすることをおすすめします。

成猫に与えたい良いキャットフードの条件

高タンパクが○

高たんぱくが〇猫は完全な肉食動物です。魚を取る習慣はありませんので、動物性タンパクを使っているキャットフードがおすすめです。良質なタンパク質で健康な体を維持しましょう。

グレインフリーが○

猫はエネルギー源として穀類を分解する酵素を持っていません。子猫期よりエネルギーを控えなければならない成猫期には特に穀類を控える必要があります。

だからグレインフリーのキャットフードがお勧めです。特に毛玉ケアとうたっているキャットフードに穀物配合が目立ちます。

この観点からも、「毛玉ケア用」と表示されているキャットフードはあまりおすすめできません。

着色料や香料など有害な保存料が使用されていないのが○

着色料、香料はNG猫は人間のように様々な色を識別できません。濃淡が分かる程度です。つまり着色料は猫には意味がありません。

香料も食いつきを良くするために用いているので猫には不要です。「エトキシン」、「BHA」、「BHT」、「没食子酸プロピル」などの有害な人工保存料は使用されていないものがおすすめです。

成長期を終えた成猫期の体は体重の増加が止まり、健康状態も安定してきます。健康状態が安定してくると、食事管理がおろそかになり食べ過ぎによる肥満<が懸念されます。

つまり、成猫期は体型や体重を維持する時期です。健康な体型を維持するためにも、上記の条件を満たすキャットフードを選んであげて下さい。

成猫に適したキャットフードNo.1はカナガンキャットフード

成猫にお勧めしたいのは「カナガンキャットフード」です。
カナガンキャットフード は、
カナガンキャットフード

  • 理由1 ヒューマングレードの動物タンパクを使用
  • 理由2  グレインフリーで食物繊維豊富なサツマイモを使用
  • 理由3  添加物は一切使用していない

というキャットフードなので、
成猫期にはいいことばかりです。

体型を維持するために食べる量を少なくする成猫期だからこそ、用いるタンパク質は質のいいものがいいですね。また、エネルギー量を抑えなければならないので、穀物はもちろん過剰な食物繊維も入っていないことが望ましいです。特にイモ類などのデンプンは猫の糖質源に適しています。

食べ物を保存するために抗酸化剤などは必要なものです。しかし、人工添加物を用いるのではなく、代わりにハーブを使用しているので安心です。

子猫期と成猫期など、与える量を変化させることで全ステージに対応しています。その為、成猫用のキャットフードへの切り替えが不要なのです。

このようなキャットフードなので、とてもおすすめです。

dog_leg キャットフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページはこちら

 

 

成猫に与えたくない悪いキャットフードの特徴

原材料の1番目(もっとも多く使用されているもの)に穀物が来る×

穀物はNG穀物などの炭水化物は主にエネルギー源です。猫は肉食動物なので、野生の猫の場合には動物肉を食すことでタンパク質と炭水化物の両方を取っています。

しかし、加工された肉には炭水化物がほとんどありませんので、別の形で補わなくてはなりません。しかし猫には穀類を消化する酵素がないのです。

炭水化物としての原材料はイモ類などが適しています。穀類が入っているものはおすすめできません。

まして、原材料の1番目に穀類が来ているものは本当にやめましょう。

○○ミール、○○副産物、○○類、○○エキスのような表示があるものは×

タンパク質源として動物肉を用いているキャットフードはとても多いです。しかしその表示の仕方に注意しましょう。

○○ミール、○○副産物という記載のものは食用として適さない部分を使っていたり、質の悪いものを使っている場合の表示です。

○○類は「何でもあり」ということ、○○エキスは捨てるようなものを集めて抽出したものです。

着色料、保存料など毒性の高いものは×

着色料、保存料はNG着色料は色の濃淡しか見分けられない猫には不要です。自然の色がついてしまっているものは問題ありません。

しかし、人工的な毒性の高い「赤色○○号」、「青色○○号」という着色料は避けましょう。

また保存料として「エトキシン」、「BHA」、「BHT」、「没食子酸プロピル」なども毒性が高いので避けましょう。

いくら「成猫用」とうたわれていても、上記のような特徴のあるキャットフードはおすすめできません。

人気の成猫用キャットフードは本当に大丈夫?10種類をチェックした結果

それでは、実際に販売されている「成猫用」のキャットフードは安全なのでしょうか?悪いキャットフードの条件と照らし合わせて、人気のキャットフードをチェックしてみました。すると、しっかり条件を満たしているものは意外と少ないということが分かりました。

※チェック表は、◎、○、△、×のいずれか記号のみを記入してください。理由のテキストは不要です。

フード名称 高タンパク グレインフリー 添加物不使用
アイムス (IAMS) 成猫用 インドアキャット チキン
ダメ
ダメ
ダメ
ねこ元気 お魚とお肉ミックス まぐろ・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り
ダメ
ダメ
ダメ
ピュリナ ワン キャット 美味を求める成猫用 1-10歳チキン
ダメ
ダメ
良い
ジェーピースタイル 和の究み トータルボディケア 猫用 1~6歳までの成猫用
ダメ
ダメ
良い
ビューティープロ キャット 低脂肪 1歳から
ダメ
ダメ
良い
メディファス 体重ケア 6歳まで 成猫用 チキン&フィッシュ味
ダメ
ダメ
良い
ロイヤルカナン FHN アペタイト コントロール ステアライズド
良い
ダメ
ダメ
ニュートロ ナチュラルチョイス キャットフード 室内猫用 アダルト チキン
とても良い
ダメ
良い
ファーストチョイス 成猫1歳以上 ダイエット サーモン&白身魚
とても良い
ダメ
良い
サイエンスダイエット インドアキャット アダルト チキン 成猫用
とても良い
ダメ
良い
ナチュラル&デリシャス 猫 キャット チキン&ザクロ
良い
とても良い
とても良い
カナガン
とても良い
とても良い
とても良い


売れ筋、人気の商品と言っても成猫にとって大切なポイントを満たせていないものがほとんどでした。

毛玉ケアとうたって穀類を使用しているキャットフードがとても多いことが気になりました。また、子猫用からの切り替えがうまく行かなかった場合、猫は量を欲しがります。

それに対応する為に低カロリーの消化できない穀類を用いているキャットフードもありました。しっかり切り替えをして、質のいいキャットフードを毎日食べることが健康体を維持することにつながります。

成猫期のキャットフードの与え方、コツ

キャットフードを与え始めるのはいつ頃?

キャットフードを与えるタイミング1歳で切り替えられるように、10か月くらいから徐々に切り替えていきます。

量、回数、間隔

量はキャットフードのパッケージに記載されている量を参照にしてください。回数、間隔については3つの方法があります。

完全自由給餌
1日に必要な量より少し多めに用意し、猫が自由に摂取できるようにする方法。飼い主の手間がかからないが、必要以上に摂取してしまう可能性があるので肥満を助長してしまう恐れがあります。

時間制限給餌
量は決めずに1日に数回(1~3回)摂取させる方法。1回を30分以内とします。食べるのが早いと肥満に、食べるのが遅いと栄養不足になる恐れがあります。

質的制限給餌
量を決めて1日に数回(1~3回)摂取させる方法。与えた量を全て食べてくれないと栄養不足になってしまいます。また、与える量を綿密に計算する必要があります。

これらのメリット・デメリットを考え、キャットフードのパッケージに表示されている量を1日2~3回に分けて与えるのがおすすめです。

1日1回だと食べ切れずに栄養不足になる恐れがあります。猫ちゃんの様子や飼い主さんの生活体系に合わせて飼い主さんが管理しやすいスタイルを見つけて下さい。

コツと注意点

コツと注意点選んだキャットフードに今まで食べたことのないものが入っていて、それによりアレルギー反応を起こすこともあります

その重症度は食べた量によりますので、切り替えるときは徐々に今までの食餌に混ぜて割合を増やしていってください。その時に、量も調節しなければなりません。

混ぜながら割合を増やしながら量は減らしていくということを、ゆっくり2ヵ月かけて行い、1歳には成猫用のフードに切り替えられるようにするといいですね。

もちろん、2ヵ月かからずに切り替えられてしまったのならそれで構いません。しかし、1歳を過ぎて成猫用のキャットフードと量にしたときに、もっと欲しいとねだられたときに、頑張ってあげないようにしましょう。

また、おやつを上げる場合にはそのカロリー分、食餌から引くようにして下さい。

成猫用フードから老猫用フードへの切り替えのタイミング

キャットフードを与えるタイミング猫では老化が始まるのは7~8歳となります。7歳前後で消化の良い老猫用フードへ切り替えます。

飼い主さんからよくある質問Q&A

3歳メスのトラネコ(MIX)を飼っています。子猫のときに拾い、ミルクと離乳食で育ててきたのですが、3歳になってもまだ離乳食しか食べてくれません… 市販のカリカリのキャットフードは見向きもしない状態で困っています。どうしたら普通のドライフードを食べてくれるようになるでしょうか?

先生猫は生後6か月までに口にしたことのない食べ物は食べたがらない傾向にあります。

3歳まで離乳食を食べているという事なので、カリカリのドライフードを食べないということは良くあることです。

一つ試してみて欲しいのですが、ドライフードを水やお湯でふやかして現在与えている離乳食と同じ柔らかさにして与えてみて下さい。

もし食べてくれたら、そこから徐々に水分量を減らして固くしてみましょう。もしかしたら、ふやかさなくても食べられるようになるかもしれません。

それでも固形のキャットフードを受け付けないようでしたら、成猫用の固形キャットフードをふやかしたものを与え続けても栄養的には問題ありません。トラネコ

ただ、ふやかした固形フードやウェットフードは匂いが強いので、その匂いを気に入っている場合があります。

鼻が詰まっていたりしないでしょうか?また歯周病などは大丈夫でしょうか?

一度、固形のフードを食べない原因の病気がないか獣医さんに診てもらってください。

2歳オスのヒマラヤンです。餌をドンキホーテなどで売っている格安のものから、最近カナガンに変えました。今まで軟便で匂いもひどかったのがかなりよくなり、ちょうどいい固さで嫌な匂いもしません。が、日によっては固すぎるように見えて、様子を見ています。ちょうどいい便の硬さの目安を教えてください。

先生ヒマラヤンは長毛種ですので、グルーミングの時に飲み込んだ毛が食べ物と一緒に排泄されると、少し硬くなるかもしれません。

便は固いが元気があり、食欲があり、便の量が正常なら様子を見て大丈夫でしょう。水分不足、運動不足で便が固くなることもあります。

また引っ越しや周りの環境の変化などのストレスで便秘を起こすこともあります。

複数の猫に与えるフード固い便が少ししか出ない、排便時に痛みがある、嘔吐がある、元気がない、おなかが張っているなどの症状が見られる場合には病院へ行きましょう。

多頭飼いについての相談です。現在、6歳のオス(去勢済み)、8ヶ月のオスメス(去勢、避妊済み)の3匹を飼っています。それぞれの運動量や年齢に合わせたフードをあげたいと思うのですが、8ヶ月のオスの食欲がすごく、他の2匹に割り込んでどんどん食べてしまいます。食事の時に部屋を分けるなどの工夫もしたのですが、先住の6歳オスは餌を置きっぱなしにして好きなタイミングで食べたい子なので、時間を決められるとストレスのようです。全年齢のフードであれば3匹共通でも大丈夫でしょうか?

先生全年齢のフードでも質の良いものでないとおすすめはできません。質の良い全年齢用のフードなら3匹共通でも大丈夫です。

しかし、全年齢用のフードは与える量で各年齢に対応しています。それに対する対応を少しアドバイスしたいと思います。

6歳のオスネコちゃんは時間を決められるとストレスとのことですが、餌を出しっぱなしにしておいて8か月のオスネコちゃんに全部食べられてしまうのなら、食べたいときに自分の餌がないので時間を決めて餌を与えるのと同じ状況ではないでしょうか?

ストレスで体調が悪くなったり、問題行動を起こしたりしているのでなければ、心を鬼にして時間を決めて与えましょう。

6歳半くらいからは老年用のキャットフードに徐々に切り替えられます。7歳には低カロリーで消化の良い老年用の食餌にしなければなりません。

時間を決めて与えると意地悪をしているようで気が滅入るかもしれませんが、ネコちゃんの健康のために食餌の管理は飼い主さんのしなければならないことの一つです

1日2回、朝と晩にネコちゃんごとにお皿を用意して名前を呼びながら6歳のオスネコちゃんから与えましょう。複数の猫に与えるフード

名前を呼ぶことでこれが自分の餌だと認識します。もし、6歳のオスネコちゃんが餌を残したら、8か月のオスネコちゃんが食べないように片付けて下さい。

また、8か月のオスネコちゃんやメスネコちゃんも子猫用から成猫用に切り替える時期です。

食べ過ぎている8か月オスネコちゃんの食べる量をコントロールしないと肥満になってしまいます。

8か月オスネコちゃんが他のネコちゃんの餌を食べたらそれはいけないことだと飼い主さんが伝えてしつけをしてみましょう。

3匹とも去勢、避妊済みということですので、去勢、避妊していないネコちゃんに比べると基礎代謝量が落ちるので低カロリーでなければなりません。

食べ過ぎによる肥満で引き起こされる様々な病気を防ぐために食餌の管理はちゃんとした方がいいでしょう。

時間を区切ったり、または食餌の時間だけケージに入れるなどの対応をおすすめします。

ドライフード・ウェットフードで悩んでいます。あげる手間や価格、傷みやすさを考えるとドライフードの方が楽なのですが、市販にはいかにもおいしそうな、贅沢そうなウェットフードがたくさん売られていて、ああいうフードの方が食べる幸せがあるかな?と思ってしまうのですが、一度あげるとわがままになってしまいそうで。使い分けのコツを教えてください。

先生
ネコちゃんへの食餌の用意は毎日しなければなりません。ネコちゃんの健康、そして飼い主さんの手間、価格が優先されるべき条件だと思います。

質のいいドライフードを毎日の食餌としてベースに考えるのがおすすめです。

フードの種類ネコちゃんが具合が悪い時、食欲がない時、水分量が足りていないときなどにウェットフードを使うことをおすすめします。

続けてしまうと癖になってしまいますので、ネコちゃんの状態に合わせてベースの固形フードに戻してください。

結論

維持期の成猫用のキャットフードは肥満にならないためにカロリーを抑え、健康な体を維持するために質のいいタンパク質を摂取できることがとても重要です。

keturon_dr02

成猫には、カナガンキャットフードがベスト!
canagan_main

カナガンキャットフードが成猫期におすすめの理由
  • 肉食のネコのための質のいい高タンパク
  • グレインフリーで食物繊維も豊富なサツマイモを使用
  • 毒性のある人工添加物不使用
公式サイトで確認する

丈夫な体を維持して健康な生活を送るために質のいい高タンパク、グレインフリー、人工添加物不使用のカナガンをおすすめします。

よく読まれている記事