1. ホーム
  2. 年齢別で選ぶ!いまの年齢に最適のキャットフード
  3. ≫老猫・シニア用の良いキャットフード・悪いキャットフードの見極め方

老猫・シニア用の良いキャットフード・悪いキャットフードの見極め方


老猫・シニア用の良いキャットフード・悪いキャットフードの見極め方
ネコも人間と同じように老化現象が起こります。頭の部分に白髪が増えてきたり、皮膚の弾力がなくなってきたり、活発に動き回ることが少なくなってきたりしていませんか?

かわいいネコちゃんにはいつまでも元気に長生きしてほしいですね。

そんな老猫期の食餌はどんなところに注意してあげたらいいのか、アドバイスします。

カナガンキャットフードシニアの老猫(7歳~)におすすめNo.1のキャットフードは「カナガンキャットフード」」です。
価格:1.5kg ¥3,960+税
公式サイトで確認する



良いキャットフードの条件はこれ!老猫期に摂らせたい栄養と避けたい成分

高齢になるとあまり動かなくなるため、成猫期よりエネルギーは必要ありません。

低カロリーなものがおすすめですが、食べる量が減って来るので少量で十分な栄養が摂れる高タンパクなものがいいでしょう。

高齢になればなるほど消化吸収の良いキャットフードがおすすめです。小麦やトウモロコシなどの穀類が多いものは避けましょう。

オメガ3系脂肪酸やオリゴ糖など老猫期のネコちゃんをサポートする成分が含まれているものがいいですね。

老猫に与えたい良いキャットフードの条件

高タンパクが○

高たんぱくが〇老猫期になると食べる量が減って来るので、質の良い高タンパクのキャットフードがおすすめです。

グレインフリー

穀類は消化しにくく、カサが増してしまうため老猫期にはおすすめできません。消化の良いイモ類などを炭水化物源として用いているキャットフードがいいでしょう。

オメガ3系脂肪酸が含まれているのが○

毛づや・関節の痛み高齢になると関節炎などの病気になりやすくなります。オメガ3系脂肪酸は抗酸化作用、抗炎症作用、抗ガン作用があるので、毛づやを保ったり、炎症を軽減したり、関節の痛みを和らげたりします

オリゴ糖が含まれているのが○

老化が進むと便秘または下痢をしやすくなります。腸内環境を整えるためにオリゴ糖が含まれているものをおすすめします。

着色料、香料が含まれていないのが○

着色料、香料はNG猫は色の濃淡は分かりますが、人間のように色の識別までは出来ません。着色料は不要です。

また、着色料、香料などの人工添加物は発がん性があるものが多く、老猫期のネコは特に病気になりやすいので、有害な人工添加物が含まれていないものを選びましょう。

老猫期は免疫力が下がり、病気になりやすい時期なので、上記の条件を満たすキャットフードを選んであげて下さい。

老猫に適したキャットフードNo.1はカナガンキャットフード

老猫にお勧めしたいのは「カナガンキャットフード」です。
カナガンキャットフードは、
カナガンキャットフード

  • 理由1 ヒューマングレードのタンパク質を使用
  • 理由2 オメガ3系脂肪酸を含むサーモンオイル、腸内環境を整えるオリゴ糖を使用
  • 理由3 穀物、人工添加物が含まれていない

というキャットフードなので、
免疫力が落ち、食べる量が少なくなっている老猫期のネコにおすすめです。

dog_leg キャットフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページは ▶▶こちら

 

 

老猫に与えたくない悪いキャットフードの特徴

原材料の1番目(もっとも多く使用されているもの)に穀物がくるのは×

穀物はNG猫は完全な肉食動物です。穀類はもともと食べません。その為消化がとても困難です。

老猫期のシニア猫は消化能力が落ちて便秘や下痢をしやすいので、「小麦」「米」「トウモロコシ」などの穀類が多いキャットフードは避けましょう。

○○ミール、○○副産物というものが含まれているのは×

○○ミールには被毛、爪、角などが含まれています。○○副産物は肉以外の部分のことです。

このような不純なものが含まれていると必要な栄養が十分に摂れません。原材料に○○ミール、○○副産物と記載があるものは避け、質の良いキャットフードを選びましょう。

人工添加物は×

着色料、保存料はNG発がん性や毒性がある添加物、「エトキシン」、「BHA」、「BHT」、「没食子酸プロピル」や「赤色○○号」、「青色○○号」という着色料を用いているキャットフードは避けましょう。

いくら「老猫用」とうたわれていても、上記のような特徴のあるキャットフードはおすすめできません。

人気の老猫用キャットフードは本当に大丈夫?10種類をチェックした結果

店頭や通販には「老猫用」「シニア」と書かれたキャットフードが並んでいますが、沢山あって、どれが良質なのか迷ってしまいますね。

これまで見てきたおすすめのキャットフードの条件を照らし合わせて、人気のあるキャットフードをチェックしてみました。

すると、しっかり条件を満たしているものは意外と少ないという結果になってしまいました。

フード名称 高タンパク グレインフリー 人工添加物
ねこ元気 腎臓の健康維持用 13歳が近づく頃からまぐろ・かつお・白身魚入り
ダメ
ダメ
ダメ
ピュリナ ワン キャット 優しく腎臓の健康サポート 11歳以上 チキン
ふつう
ダメ
ダメ
アイムス (IAMS) 15歳以上用(シニア) 健康な長生きのために チキン
ふつう
ダメ
ダメ
ロイヤルカナン FHN エイジング 12+ 猫用
ふつう
ダメ
ダメ
アイムス (IAMS) 7歳以上用(シニア) インドアキャット チキン
ふつう
ダメ
ダメ
ワイソン 老猫用 ドライ キャットフード ジュリアトリクス
ダメ
ダメ
良い
FORZA10 老猫用ドライ ミスターフルーツ シニア
ダメ
ダメ
良い
HAPPY CAT スプリーム ベストエイジ10+ 全猫種 高齢猫用 極小粒
ダメ
ダメ
良い
アボ・ダーム (AVODERM) キャット ライトシニア
ダメ
ダメ
良い
サイエンスダイエット インドアキャット シニア チキン 高齢猫用 7歳以上
良い
ダメ
良い
カナガン
とても良い
とても良い
とても良い


商品の特色が文章で記載されている場合、それを読む限りではすべてネコちゃんにはいいキャットフードなのではないかと思ってしまうような、素晴らしい表現で書かれていました。

是非、キャットフードの見分け方を参考に原材料を見て選んで頂きたいです。

また、老猫用、シニア用と記載があっても、実際には年齢制限をしているものもありましたので、気を付けて見て頂きたいと思います。

調べた結果、売れ筋、人気の商品と言っても老猫にとって大切なポイントを満たせていないものがほとんどでした。・・・

老猫期のキャットフードの与え方、コツ

キャットフードを与え始めるのはいつ頃?

キャットフードを与えるタイミング老化は7歳ころから始まります。6歳半を過ぎたら半月から1か月くらいかけて徐々に切り替えて下さい。

量、回数、間隔

量はキャットフードのパッケージの表記に従ってください。回数は基本的には1日2回、朝と晩にあげて下さい。

コツと注意点

老猫老猫期になると、口腔内疾患や飲み込む力の衰えで大きな粒のキャットフードが食べにくくなります。

小粒の物を用いたり、水やお湯でふやかしたりして与えると食欲が増します。

特に嗅覚の衰えから食欲がなくなっている場合にはお湯でふやかすと香りが増すので、食べてくれるようになります。

また、食べられる量が少なくなった場合には、食べる回数を増やして栄養不足にならないように注意しましょう。

全年齢用フードと老猫用フード、どちらがいいのか?

全年齢用フードは、各ライフステージに合わせてキャットフードを切り替える必要がありません。キャットフードの切り替えはネコちゃんにとっても飼い主さんにとっても負担です。

品質の良い全年齢用のフードであれば、長く安定して食餌管理が出来るメリットがあります。しかし、全年齢用のため、老猫のためだけの成分は含まれていません。

老猫老猫用フードは、高齢猫の諸症状(毛づやの悪化、関節症状、免疫力の低下など)をサポートする成分が含まれている傾向があります。

また、肥満防止のために低カロリーになっていたり、排便を円滑にするために食物繊維が多かったりします。肥満ではないネコちゃんや排便に問題ないネコちゃんには合わないこともあります。

これらの特徴から、特に体調に問題ないネコちゃんは、どちらかというと全年齢用のキャットフードがおすすめです。

ただし、下部尿路疾患、腎臓病、心臓病、消化器病、糖尿病、甲状腺機能亢進症といった持病やトラブルのあるネコちゃんは、動物病院を受診し、獣医師の食餌療法の指示に従ってください

飼い主さんからよくある質問Q&A

7歳メスを飼っています。今のところ持病やトラブルなく過ごしているのですが、今後も元気で長生きしてほしいです。最近猫用のフードで、人間のサプリのような「オメガ3配合」「ココナッツオイル配合」といった成分入のものも増えてきていて、やはりいい成分を摂ると猫の健康も変わってくるのでしょうか?

先生の回答
健康な体を維持するために必要な3大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂肪)の一つとして脂肪がありますが、脂肪は体内で脂肪酸に分解されます。

体内で合成できる脂肪酸もありなすが、体内で合成できないものは食餌から摂取しなければなりません。

これを必須脂肪酸と言いますが、ネコの必須脂肪酸は3つあり、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸です。

「オメガ3」とはオメガ3系脂肪酸のことでα-リノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などが含まれます。

老猫これらは抗酸化作用、抗炎症作用、抗ガン作用があります。

「ココナッツオイル」にはリノール酸が含まれています。リノール酸はオメガ6系脂肪酸で、皮膚や被毛の健康に重要です。

必須脂肪酸は、どのキャットフードにも必要な分はきちんと含まれています。

今のところトラブルなく過ごしているとのことですので、さらに「オメガ3配合」「ココナッツオイル配合」のものを選ぶ必要はないと思います。

特にココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は味覚的にネコちゃんは大好物です。不飽和脂肪酸の過剰摂取により黄色脂肪症という病気になってしまいますので、ココナッツオイル配合の物は注意が必要です。

食欲が落ちている時以外には食べ過ぎに注意しなければなりません。

外飼い7歳のオスの雑種を飼っています。7歳になってもまだまだ活動量が多く、よく食べ、活気があるので、シニア期と言われてもぴんときません。それでもキャットフードはシニア用を意識した方がよいのでしょうか?

先生の回答
ネコの種類や健康状態、生活環境や活動量など、ネコちゃんによって状況は様々です。

もちろんすべてのネコがシニア期は7歳からですとは言えません。それぞれのネコちゃんの老化のサインを感じた時がシニア期の始まりです。

元気で活動量が多くても、感覚器が衰えてきた、眠る時間が多くなった、筋肉量が減ってきたなどの変化が見られるなら、シニア用のキャットフードに切り替えた方がいいでしょう。

野外の老猫また、外飼いなので体温維持に用いるエネルギー量は外気の温度に顕著に反応します。冬期は夏季の2倍以上のエネルギー量が必要になることもあります。

シニア用は低カロリーなものが多いので、もし、切り替え時がよく分からない場合には今から全年齢用のフードに切り替えて、病気などで食餌療法が必要とならない限りずっとそれを使い続けるのもおすすめです。

8歳のアビシニアンを飼っています。シニア期に入り、フードの見直しを検討しています。アダルト期は魚ベースのものを与えていたのですが、そもそも、猫は肉系と魚系どちらを食べるのが体に合っているのでしょうか?アビシニアン向けの原料などはありますか?

先生の回答
ネコはもともと完全な肉食動物で魚を食べる習慣はありません。ネコは魚の味が好きですが、体に合っているのは肉系です。

アビシニアン向けの原料は特にありませんが、特徴としてアビシニアンは特に肥満になりやすい傾向があります。猫の肥満を防止

肥満防止のために、良いキャットフードの選び方を参考に質のいい高タンパク質、低カロリーのキャットフードをおすすめします。

14歳メスのMIXを飼っています。歳のせいかだんだん食欲が落ちてきた気がします。餌はシニア用のドライフードをあげています。餌を変えた方がいいのか、あげ方のコツで対応できるのか… アドバイスをお願いします。

先生の回答
食欲が落ちる原因には老化によるものと、病によるものがあります。老化の場合、視覚の衰えに対しては餌を認識できるくらい近くに置くことやネコちゃんを誘導して餌を認識させてください。

聴覚の衰えの場合には、名前を呼んでも「ごはんよ」という声も聞こえづらい可能性がありますので、餌を用意したということを認識させてください。

嗅覚の衰えの場合には餌の香りによる食欲の増進がなくなっている可能性があります。餌を鼻に近づけたり、お湯でふやかして餌の香りをたたせたりして下さい。

老猫味覚の衰えの場合には、トッピングなどで食欲を増進させる工夫などが必要です。

その他、口腔内疾患や他の病気のために食欲が落ちている可能性がありますので、定期的に病院で健康診断を受けましょう。

11歳アメショーメスを飼っています。歳をとっても食欲があり、勢いよく食べるのですが、なんだか丸呑みしているように見えます。時々吐いて、ほぼそのままの形のフードが出てきます。うまく噛めていないのでしょうか?こんな時はどう食べさせたらいいですか?

先生の回答
高齢になって噛む力や飲み込む力が衰えているのだと思います。粒の小さく砕けやすく食べやすいものに変えるか、水やお湯でフードをふやかして与えてみて下さい。

食欲があるので、様子を見て大丈夫だと思いますが、長く続く場合は獣医師に診てもらいましょう。

結論

老化が始まる老猫期。老化をきっかけになってしまう病気もあります。様々な機能が低下し始めますので、食べやすく質のいいキャットフードが一番です。

毎日元気に過ごせるように消化がよく、肥満が防止できる高タンパク低カロリーのキャットフードを選んであげましょう。

keturon_dr02

老猫には、カナガンキャットフードがベスト!
canagan_main

カナガンキャットフードが老猫期におすすめの理由
  • ヒューマングレードのタンパク質を使用
  • 高齢期をサポートする成分であるオメガ3系脂肪酸、オリゴ糖を使用
  • 穀物、人工添加物が含まれていない
公式サイトで確認する

消化能力、免疫力が低下する老猫期のネコちゃんが健康な生活をいつまでも続けられるためにカナガンのキャットフードをおすすめします。

よく読まれている記事