1. ホーム
  2. キャットフードのお得な情報コラム
  3. ≫キャットフードの相場はいくらくらい?

キャットフードの相場はいくらくらい?


市販されているキャットフードには、同じ1㎏でも500円程のものから3、000円以上するものまで幅広く販売されています。

キャットフードペディアでは、1kg当たり2,400円~2,800円を適正価格としていますが、なぜその値段が相場とされているのでしょう。低価格フードと適正価格フードには、どのような違いがあるのでしょう。

col01

価格の異なるフードの内容を徹底比較!

価格の安いフードと高いフードの原料を比べてみましょう。

低価格フード:カルカン かつおと野菜

低価格フードの代表として、カルカンかつおと野菜の内容を見ていきましょう。
価格:1㎏あたり518円
主原料:穀類(とうもろこし、小麦等) 、肉類(チキン、チキンエキス等)
評価:財布にやさしいが、危険な材料がたくさん!
カルカンかつおと野菜のメリットは、価格が安いということだけです。肉食である猫の食事には、動物性タンパク質である肉が主原料に来ることが好ましいのですが、かつおと野菜の場合は穀類が使用されています。穀類はアレルギーや消化不良の原因になり猫には不適切な食材です。また「等」といった表記は、なにが使用されているか明確ではなく不安です。

またタンパク源に関しても「肉類」とあいまいな表記で、「等」といった不明確な表記なうえ、エキスなど肉そのものではない使用もあります。

そのほかにも、猫の食事には必要のない添加物や香料が多く使用されており、中でも発がん性のある危険なBHTやBHAも使用されています。猫の健康に欠かせない尿路ケアや腸内環境を整える成分も含まれていません。

カルカンかつおと野菜の内容をもっと詳しく見る

ほかにも、価格の安いフードには以下のような商品などがあります。

適正価格フード:カナガン グレインフリーキャットフード

適正価格フードの代表として、カナガングレインフリーキャットフードの内容を見ていきましょう。
価格:1㎏あたり2,640円
主原料:乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ
評価:厳選された食材と安心安全の内容!
カナガングレインフリーキャットフードは、主原料に動物性タンパク質である乾燥チキン、骨抜きチキンを使用しているので、肉食の猫の食事として適しています。また、内容もチキンとしっかり明記されているため安心です。

猫の食事に適さない穀類を一切使用しておらず、添加物や保存料などの使用もありません。クランベリーやオリゴ糖といった、健康補助成分もしっかり含まれています。また、厳しい品質管理基準を満たした工場で作られているため、安心して購入することができます。

カナガングレインフリーキャットフードの内容をもっと詳しく見る

適正価格のフードは、ほかにも以下の商品などが該当します。

価格の差は「質の違い」にあった!

代表としてカルカンとカナガンを紹介しましたが、どの商品もだいたい似たような内容になっており、まとめると以下のような特徴があります。

安いフード

  • ミールミートなど副産物の使用が見られる商品が多い
  • 主原料が肉ではなくトウモロコシなどの穀類
  • 人口の添加物や保存料が多く使用されている
  • 嗜好性が悪い
  • 品質管理が不十分
  • 健康補助成分の配合が少ない

適正価格フード

  • 主原料には動物性タンパク質である肉を使用している
  • 材料の品質が高い
  • 粗悪な材料や添加物、保存料の使用が少ない
  • 品質管理がしっかりしされている
  • 嗜好性が高い
  • 健康補助成分がしっかり配合されている

キャットフードの相場

安心できる内容のキャットフードは、1㎏2,500円前後のものに多いことが分かりました。そのため、相場は2,500円前後と言えるでしょう。ペットだからと言って、安いフードを安易に与えることは、病気などにかかるリスクを高めてしまいます。

もちろん価格だけが良質なフードの判断基準ではありません。原材料の成分をきちんと確認して購入することが大切です。

キャットフードペディアが特に推薦しているのがカナガングレインフリーキャットフードです。原材料や品質基準など、どれに関しても優秀で、その割に価格も1㎏2,640円と適正範囲内に収まっています。また、カナガンには公式サイトに10%引きで定期購入ができるため、さらに安く購入することができることも魅力です。

カナガン公式サイト

よく読まれている記事