1. ホーム
  2. キャットフードのお得な情報コラム
  3. ≫本来猫の体にはグレインフリーのキャットフードが必要である理由

本来猫の体にはグレインフリーのキャットフードが必要である理由


キャットフードのなかには、「穀物不使用」「グレインフリー」といった、穀物を使用しないものも販売されています。なぜ穀物を使用ないフードが存在するのでしょう?穀物を使用することは、猫にとっどのようなデメリットがあるのでしょうか?
col02

猫に必要な栄養素

猫は肉食の動物です。なので基本的に「肉」があれば生きていけます。必要な栄養素としては、動物性タンパク質をもっとも多く必要とし、そのほかに脂質・ビタミン類・ミネラル類・炭水化物があげられます。

最近のフードは肉以外にも野菜や果物を配合し、ビタミン類やミネラル類などを摂取しやすいように工夫されています。

穀物に含まれる栄養素

キャットフードに使用される穀物としては、トウモロコシ、小麦、米が多く見られ、次いで玄米や大麦の使用が見られます。

穀物の栄養素のほとんどが水分と炭水化物(糖質)です。ドライフードに使用される穀物は水分を抜いているため、穀物から摂取できる栄養素の大半が炭水化物で、残りは鉄分やビタミン類です。

糖質やビタミン類などは、肉を始め野菜や果物で十分な量を摂取する事ができるため、穀物は猫の食事に必要がないといえます。

猫の食事に穀物が良適さない理由

「猫の食事に穀物は不向き」とされています。その理由は単に穀物が猫の食事内容に必要ないというだけではありません。

穀物を消化できない

肉食の猫は、炭水化物を主食とする私たちとは消化器官の構造が異なります。猫は大腸が短く、盲腸もありません。そのため肉を消化することは得意なのですが、穀物の消化を不得意とします。

多少は膵臓で消化することができますが、唾液などで消化することができないため、消化不良を起こし、下痢や嘔吐などの原因になります。

アレルギーの原因になる

穀物の中でも特にトウモロコシ、小麦、米はアレルギーを引き起こしやすい原料であるため、猫には不適切な内容です。

肥満の原因になる

穀物に含まれる栄養素のほとんどが炭水化物(糖質)です。私たち人間は炭水化物をエネルギー源として使用しますが、猫は動物性タンパク質をエネルギー源としています。そのため、炭水化物は猫にとってはそれほど必要ではありません。

穀物に含まれる糖質やビタミン類などは、肉を始め野菜や果物からでも十分な量を摂取できます。そのため、炭水化物を多く摂取すると糖質を摂りすぎてしまい、肥満の原因になってしまいます。

安いフードは粗悪な穀物を使用している

価格の安いフードには、主原料にトウモロコシなどの穀類を使用している商品が多く見られます。穀物は家畜用の飼料としても使用されているため、肉ではできないコストダウンが可能なのです。

加えて価格の安いフードは、粒上に加工されているため見た目には分かりませんが、皮や茎、腐りかけのものといった、粗悪な副産物が使用されている可能性もあります。

グレインフリーキャットフードの内容

カナガンなどグレインフリー(穀物不使用)キャットフードの内容はというと、原料の多くに肉を使用し、穀類に含まれる栄養素は、さつまいもやじゃがいもなどの野菜や果物から補っています。

グレインフリーのキャットフードには、アレルギーを持つ猫にも与えられることや、嘔吐癖や軟便の改善といった、体質改善の効果が期待できます。グレインフリーの代表的なキャットフードは、「カナガン」です。

猫の体にはグレインフリーのキャットフードが必要まとめ

私たち人間は炭水化物をエネルギー源としているため、多くの穀物が必要なのですが、猫は肉食の動物で動物性タンパク質をエネルギー源としています。そのため、猫にとって栄養素のほとんどが炭水化物である穀物は、必要のない食材なのです。

猫は穀物の消化を得意としていないため、摂取することは消化不良を起こしやすく、下痢や嘔吐の原因につながります。また、穀物はアレルギーを発症しやい材料であったり、主に価格の安いフードに使用される穀物の中には、粗悪な内容であるものも多く存在します。

このような理由から、猫にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが必要であるといえるのです。今与えているフードに穀物が含まれている場合は、原材料の内容を見直し、猫にとって適切な内容の食事を与えてください。