1. ホーム
  2. キャットフードのお得な情報コラム
  3. ≫キャットフードを犬に食べさせても大丈夫?栄養やカロリーは問題ない?

キャットフードを犬に食べさせても大丈夫?栄養やカロリーは問題ない?


猫と犬を一緒に飼っている方も多くいると思います。そんな飼い主さんに多い悩みの一つが、「犬のご飯を猫が食べてしまう」またはその逆です。ご飯を横取りしてしまったり、猫が残したご飯を犬が食べてしまうなどなど・・・。

ドッグフードを猫が、キャットフードを犬が食べても大丈夫なのでしょうか?見た目は同じ粒上になっていて、一見変わりがないように見えますが、何か違いはあるのでしょうか。
no.10

キャットフードとドッグフードの栄養価

犬にはドッグフード、猫にはキャットフードが存在します。このことからすでに、犬と猫では食事の内容が違うという事がわかります。同じ内容でいいならば、わざわざ分類して製造されることはありません。

具体的にキャットフードとドッグフードとでは、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

必要な栄養素が違う

犬も猫も必要な栄養素はタンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルの5つです。これだけ見ると、同じ内容に見えます。しかし、細かく見ると犬と猫では必要な栄養素の割合や体内で生成できないものなどに違いが見られます。

タンパク質の内容

犬も猫も一番多く必要とする栄養素は、動物性タンパク質です。しかし、肉の内容としてはドッグフードは鶏肉やラム肉など動物の肉、キャットフードはまぐろやサーモンなどの魚の肉を使用している商品が多く見られます。魚と動物の肉とでは、同じタンパク源でも栄養成分や嗜好性に違いが生じます。

また、ドッグフードには野菜も多く配合されています。猫は完全な肉食動物ですので、野菜の消化を得意としません。野菜を多く含むドッグフードを猫が食べ続けると、消化不良の原因につながります。

猫に必要なタウリン

猫は「タウリン」「ビタミンA」「ナイアシン」を体内で生成することが出来ません。そのため、キャットフードには「タウリン」が多く配合されています。

ドッグフードにも、タウリンやビタミンAなどが配合されている商品はありますが、キャットフードに含まれているほどの量ではないため、犬がキャットフードを食べ続けると、過剰摂取になってしまい良くありません。

健康成分の違い

健康成分としてどちらのフードにも多く配合されているのは、毛並みケアや腸内環境を整える成分です。猫にはさらに尿路疾患予防に適した成分や、毛玉を排出しやすくする成分が含まれています。これは犬には必要のない栄養素です。

カロリーや塩分に注意

犬や猫は人間よりはるかに味覚に劣ります。猫の味覚は「苦味」「塩味」「酸味」のみですので、嗜好性を高くするためには濃い味付けが必要です。そのため、ドッグフードより塩分が多く、高カロリーになっています。

ドッグフードはキャットフードに比べると薄味になっているため、どうしてもキャットフードを好んで食べてしまいがちです。犬がキャットフードを食べ続けると、塩分の摂りすぎや肥満の原因なるほか、本来必要なドッグフードを食べなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

品質の高い「カナガン」で塩分量を比較してみても、同じ100gで配合量に違いが見られます。
カナガンキャットフード:カロリー390kcal・ナトリウム量0.36%
カナガンドッグフード:カロリー361.25kcal・ナトリウム量0.24%

犬と猫を一緒に飼っている場合の給餌法

犬にはドッグフードを、猫にはキャットフードをきちんと与えることが必要です。どうしても食べてしまうという場合は、以下を参考にしてみてください。

  • ケージや別室を使って、与える場所を分ける
  • 別々の時間にあげる
  • 決まった時間内でのみフードを与え、残したものは処分する

同じ場所・時間で与えると、どうしても片方の食事を食べてしまうリスクが高まります。そこで、ケージなどを利用してほかの子が食べられない環境を作り、与えることが必要です。

また、あげっぱなしにしてしまうと、残ったフードをほかの子が食べてしまう可能性が高まることや、どの子がどのくらい食事をしたのかなどがが分からなくなってしまいます。きちんとした健康管理をするためにも、決められた時間内でのみフードを与え、残した分は処分しましょう。

例え同じ猫同士でも、年齢や体格、体質が違えばフードの種類や量も異なります。同じ猫だからと安易に同じフードを与えてしまうと、肥満や糖尿病、アレルギーなど疾患の原因になってしまうので注意しましょう。

キャットフードを犬に食べさせても大丈夫?結果

犬と猫では必要な栄養素が異なり、それぞれ適した内容の栄養素で作られています。犬にキャットフード、猫にドッグフードを与えることは肥満や病気の原因になり良くありません。犬と猫では、それぞれのフードを与えることが大切です。

また、同じ猫であっても、個体によって種類や年齢、体格や体質は様々です。安易に同じフードを与えるのではなく、それぞれに合った内容のフードを与えましょう。

ほかにも、多頭飼いをしている飼い主さんに知っておいてほしい知識として、先輩から先に食事を与えるこということがあります。先輩が先にフードをもらうことで、後輩より立場が上であるという位置づけを認識させることができます。こうすることで、先輩はプライドが保たれ、後輩は先輩に守ってもらえるという利点があるので、ぜひ試してみてください。