1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防キャットフード
  3. ≫【症状別】獣医に聞く!猫の便秘の原因と対策とは?ホームケアから受診方法、便秘におすすめのキャットフードまでご紹介します

【症状別】獣医に聞く!猫の便秘の原因と対策とは?ホームケアから受診方法、便秘におすすめのキャットフードまでご紹介します

猫の便秘の症状を解説します。猫ちゃんに多い悩みに便秘などお腹のトラブルが多くあります。

いつまでもウンチが出ない日が続いたら、便秘かな?と心配になりますよね。

便秘は猫ちゃんにはよくある症状の一つですが、しかしたら単なる便秘ではなく病気になっている可能性があるかもしれません。

猫ちゃんの気になるお腹の不調、こんな症状が当てはりませんか?

便秘の子に多いお悩み

便秘の子

  • 食欲がない
  • 3日以上ウンチが出ていない
  • 排便時に痛がる
  • 嘔吐がある

まずは、普段の食生活を見直して体の中から改善する必要があります。

ここでは、便秘解消におすすめのドッグフードの選び方から、便秘を引き起こす原因対策受診方法について獣医さんにインタビューした内容をご紹介します。

便秘で悩む猫ちゃんにおすすめ
キャットフードとは?

おすすめキャットフードとは猫の便秘の原因として「便の量」や「水分摂取量が少ない」という理由があります。

この2つを改善するためには、食物繊維を豊富に含むフードを食べさせてあげることが大切です。

食物繊維は腸に増やした水分を吸収することで、便がカチカチの石のようになることを防ぎます。

しかし、どんな繊維でもよいわけではありません。

よく減量用のフードで低カロリー原料として使用されている「ビートパルプ」が使用されていますが、これは便秘の原因になる可能性がありますので注意が必要です。

キャットフードペディアの結論

下痢に悩む子には「カナガンキャットフード」がおすすめ

カナガンキャットフード下痢の猫ちゃんにおすすめしたいNo.1のキャットフードは「カナガンキャットフード」」です。

  • 人間でも食べられる品質の原材料を使用
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用

カナガンは消化吸収の良いサツマイモオリゴ糖、食物繊維を豊富に含む野菜や果物が配合されています。
また、グレインフリーなので下痢に悩む猫ちゃんの消化の負担になりません。
原材料は人間でも食べられるべれる品質、人工添加物は不使用なので安心して与えられます。


公式サイトで確認する


便秘になった際の
自宅で出来るケア方法

トイレを清潔に保つ

猫はトイレがきれいな状態でないと排泄を我慢しがちです。

このことがきっかけになり、便秘気味になるケースもあります。

トイレはいつも清潔にしてあげましょう。

トイレは落ち着ける場所に設置する

トイレは清潔に、落ち着ける場所に猫は神経質な一面があり、特にトイレにはこだわる傾向があります。

排泄をするということは、野生下では非常に無防備になる瞬間です。

その感覚は現代にも受け継がれていますので、落ち着かない場所での排泄を猫は嫌いますし、便を出したくても我慢してしまいます。

猫のトイレは、ドアの近く、人の通り道など猫の気が散る場所には設置しない方が良いでしょう。

水飲み場所を増やす

脱水気味になると、猫の体は大腸で便から水分を吸収して補おうとするため、便が固くなり便秘になりやすくなります。

いつでも新鮮な水が飲めるように、水飲み場所を増やしてあげましょう。

ドライフードをゆで汁でふやかす

ドライフードには水分はほとんど含まれず、ほかの動物と比べて飲水量の少ない猫たちは脱水になりやすくなります。

便がカチカチにもかかわらずあまり水を飲まないようであれば、鳥ガラなどのゆで汁をかけてフードをふやかし、水分を摂取できるようにしてあげましょう。

運動量を増やす

運動運動すると血液循環が良くなり、代謝が上がります。

また、体が動くことで腸も活発に動くので効果的です。

特に家猫は、運動不足が原因で腸の動きが停滞し便秘になっています。

おもちゃなどでこまめに運動をさせてあげると良いでしょう。

食物繊維を含むサプリメントの利用

便秘は、

  • 便の量が少ない
  • 水分摂取量が少ない
  • 腸の働きの低下など

の条件が重なって起こります。

食物繊維のサプリメントは便量を増やし、繊維が水分を便に保持してくれますので便がカチカチになりません。

粉末状の動物用サイリウムのサプリが使いやすく、お勧めです。

マッサージ

猫ちゃんを仰向けにして、みぞおちの辺りからひらがなの「の」の字を描くように優しくマッサージをしてあげてください。

腸の動きが良くなり、便秘が解消できることもあります。

便秘は受診が必要?
獣医さんが教える受診の目安

便秘は受診が必要?猫は便秘になりやすい動物です。とはいっても、いつも以上に何回もトイレに行って出にくそうにしていたり、気張ったりしているのは気がかりな状態です。

下記のチェックリストを判断基準として、猫ちゃんの様子を観察してあげましょう。

こんな場合はすぐ受診を!急を要する症状チェックリスト

  • 3日以上便が出ていない
  • 食欲がない
  • 元気がない
  • 嘔吐がある

猫の便秘が悪化すると、手術を行って便を取り出さないといけなくなります

そうならないように、便が順調に出ているかどうか、便が小さく硬くなってきていないか、毎日トイレの掃除の際にチェックする習慣をつけていきましょう。

年齢別のよくある便秘の症状とは?

子猫の期間(0カ月~1歳)

運動不足から起こる便秘

特に離乳期から2か月くらいの子猫に多くみられます。

ミルクから固形に切替わっていく時期に起こりやすいです。

便が固く、排便時に力んでいるようであれば、たっぷりのお水を与えたり、キャットフードをお湯などでゆやかして与えてみて下さい。

そして、よく運動させて腸を動かしてあげましょう。

成猫期の期間(1歳~7歳頃)

巨大結腸(きょだいけっちょう)

便秘を繰り返すと腸の機能が落ち、便が腸に溜まりすぎてしまい便が出なくなることがあります。

腸の中に便がパンパンに詰まってしまうので、排便しようと思っても便が出ずに、嘔吐するようになります。

こうなってしまうと、病院での処置が必要になります。

便秘気味の猫は巨大結腸になることがありますので、良質な繊維分の多いフードに早めに切り替えた上で、なるべく早く動物病院を受診してください。

老猫の期間(7歳頃~)

食べる量の減少による便秘

猫ちゃんは、高齢になると必要なエネルギー量が減少するため、食べる量が減ります。

また、口内炎や歯周病にもなりやすくなり、口の痛みから、食べたくても食べれないことも起きてきます。

食べる量が減ると便量も減少してしまい、排便しにくくなります。

繊維の多いフードに変えたり、食物繊維のサプリメントを利用するなどして、便のかさが増えるようにして改善してあげましょう。

腎不全

高齢になると腎不全の猫が増加します。

腎不全になると尿からの水分排泄が多くなり、脱水気味になるので、大腸で便から水分を吸収するようになります。

そのため腎不全の猫たちの便は硬くて小さくなります。

水分をしっかりとることができるように、缶詰とドライフードを併用したり、食物繊維分を増やすために、繊維が豊富なキャットフードやサプリメントを使用するのもよいでしょう。

高タンパクのキャットフードは腎不全を悪化させますのでタンパク量は30~35%くらいのフードを選びましょう。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

しっかりフードを食べているのに2日間ウンチが出ていません。何かの病気ですか?
便秘以外に不調がなければ様子を見てみましょう

便が出ていなくてもフードをしっかり食べていて、嘔吐も見られない場合はもう少し様子をみても良いでしょう。

新鮮なお水をたっぷり飲ませて、適度な運動やお腹を温めるのも効果的です。

3日以上でないようであれば便秘以外の可能性もありますので受診をおすすめします。

便秘の子にはドライフードとウェットフードどちらが良いですか?
水分不足の子ならウェットフードがおすすめ

普段からあまりお水を飲まない子なら、ドライフードよりも缶に入ったウェットタイプのフードがおすすめです。

乾燥したドライフードよりも水分量が多いため、消化を促しお通じが良くなることも多々あります。

猫が便秘で苦しそうで、排便の度につらそうに鳴きます。水分を摂りやすいようカリカリをふやかしたりしてみたのですが、あまり変わりません。人間のようにビオフェルミンやヨーグルト、ファイバーのようなものでサポートしてあげることはできませんか?

人間用のビオフェルミンはあげても問題はありませんが、猫と人間の腸内細菌の種類は少し異なりますので、猫には猫用の乳酸菌製剤をお勧めします。

ファイバーはあまりたくさんあげると必要な栄養素の吸収を妨げますので、記載の使用量を守ってください。

ヨーグルトを初めてあげるときには様子を見るために少量だけにしてください。

乳製品で下痢をしたことがある場合は、乳糖不耐性なのでヨーグルトはあげないようにしてください。

まとめ

猫の便秘の症状は色々あり原因も様々です。

主な原因として、

  • 食物繊維不足
  • 水分不足
  • 腸の働きの低下
  • 病気

などがあります。

まずは、キャットフードを安心して与えられるものに切り替えることから始めてみましょう。

食物繊維で便量が増え、水分も保持してくれるので、便秘が解消する場合もあります。

3日以上便が出なければ、大きな原因があるかもしれませんので、様子を見ないで早めに受診しましょう。

キャットフードペディアの結論

便秘の改善には「カナガンキャットフード」がおすすめ

カナガンキャットフード便秘に悩む子に適したキャットフードNo.1はカナガンキャットフードです。
消化の悪い穀物は不使用。炭水化物源として吸収率の高いサツマイモを使用しています。
食物繊維が豊富な野菜や果物が便秘に悩む猫ちゃんのスッキリをサポートしてくれます。
人工添加物は一切使用していないので安心して与えられます。

公式サイトで確認する


よく読まれている記事