1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防キャットフード
  3. ≫猫の下痢・便秘の原因は?良質なキャットフードで治る場合と急を要する場合の見分け方

猫の下痢・便秘の原因は?良質なキャットフードで治る場合と急を要する場合の見分け方


猫の下痢・便秘の症状を解説します。

飼い主さんからはよくこんなご不安が寄せられます。

  • 元気がなくて、食欲がないと思っていたら、お腹の調子を崩したのか下痢気味。
  • 以前みたいにトイレにうんちがないけど、便秘なのかな?
  • でもどうやって確かめればいいのかわからない。

猫ちゃんの下痢も便秘も心配ですよね。次の日によくなる下痢もありますが、いつまでも続くと本当に心配です。

急を要する下痢・便秘と、家でケアで対処できる下痢・便秘の見分け方、対処法についてアドバイスします。

カナガンキャットフード下痢・便秘の猫ちゃんにおすすめNo.1のキャットフードは「カナガンキャットフード」」です。
価格:1.5kg ¥3,960+税
公式サイトで確認する

この下痢・便秘は受診が必要? 獣医さんがチェックしている危険度見分けポイント

猫が下痢をしている場合

下痢の時は猫ちゃんが下痢をしていても、食欲もあり元気だと病院に行くべきかどうか迷いますよね。

受診したほうが良いか、様子を見てもよいか?

下記の症状がないかチェックし、判断基準としてください。

こんな場合はすぐ受診を!急を要する症状チェックリスト

  • ぐったりしている
  • 食欲がない
  • 粘膜便(ゼリーのようなものがついている便)になっている
  • 血便が出る
  • 嘔吐がある

家庭での対処でOK!様子を見ても大丈夫な症状チェックリスト

  • 元気がある
  • 食欲がある
  • 前日よりも便が固まってきている

元気・食欲があれば様子を見ても大丈夫なことが多いのですが、受診しなくてもOKな場合であっても、少しキャットフードの量は減らし、胃腸への負担を減らしてあげましょう。

次の日に状態が悪くなることもあるので、猫ちゃんの様子はよく観察してあげてください。

猫が便秘をしている場合

便秘の時は猫は便秘になりやすい動物です。とはいっても、いつも以上に何回もトイレに行って出にくそうにしていたり、気張ったりしているのは気がかりな状態です。

下記のチェックリストを判断基準として、猫ちゃんの様子を観察してあげましょう。

こんな場合はすぐ受診を!急を要する症状チェックリスト

  • 3日以上便が出ていない
  • 食欲がない
  • 元気がない
  • 嘔吐がある

家庭での対処でOK!様子を見ても大丈夫な症状チェックリスト

  • 元気がある
  • 食欲がある

猫の便秘が悪化すると、手術を行って便を取り出さないといけなくなります。

そうならないように、便が順調に出ているかどうか、便が小さく硬くなってきていないか、毎日トイレの掃除の際にチェックする習慣をつけていきましょう。

続いて、家庭での対処でOKな場合に、飼い主さんに行っていただく食事の摂り方や生活のポイントをアドバイスします。

下痢・便秘の猫ちゃんにしてあげてほしいホームケア

猫の下痢へのホームケア

猫の下痢へのホームケア

絶食にする

下痢があっても食欲があっても、下痢がひどければ1日絶食にすることで改善する場合もあります。

消化管を休め、動かさないことで、腸への負担を減らし、症状が軽くなります。

フードをふやかす

いつも食べているキャットフードをふやかすことで、消化しやすく、胃や腸への負担が減ります。

フードの量を減らす

軟便くらいの状態であれば、絶食ではなくフードの量を1/3減らして、普段の2/3にすることで改善する場合があります。

フードを変える

フードを変える下痢の状態が長期(2週間以上)にわたる場合、フードの変更をしてみましょう。

今与えているキャットフードの原材料が合っていないことによる症状である可能性もあります。

肉食の猫に合わない穀物に対してのアレルギーや、本来食べる部位ではない肉の副産物など粗悪な原材料が原因で下痢になっている場合も考えられます。

できるだけ良質な原材料を使用したキャットフードに変えましょう。

おすすめキャットフード下痢の猫ちゃんにお勧めしたいのは「カナガンキャットフード」です。

公式サイトで確認する

水は少なめで何回もあげる

下痢をすると水分がたくさん体外に出てしまいます。

そのためのどが渇きますが、水を一気にたくさん飲んでしまうと下痢がひどくなることがあります。

しかし、飲まないと脱水になりますので、少ない量を頻回飲ませてあげてください。

一気飲みはさせないようにしてください。

水はぬるめにして飲ませる

冷たい水は胃や腸に対して刺激になります。ぬるま湯をあげるようにしてください。

電解質を補給させる

電解質ドリンク下痢が続くと、水分だけでなくナトリウム(Na)・クロール(Cl)・カリウム(K)などの電解質も同時に失われてしまいます。

電解質が不足すると、脱水を起こしやすくなったり、低カリウム血症や代謝性アルカローシスという病気になったりします。

このような重症化を防ぐために、下痢が起これば電解質を補給してあげましょう。

一時的には、人間用のスポーツドリンクを薄めてもあげてもよいですが、猫にとっては糖分が多いので長期的にはお勧めできません。

動物用の電解質ドリンクを使用しましょう。

猫の便秘へのホームケア

猫の便秘へのホームケア

トイレを清潔に保つ

猫はトイレがきれいな状態でないと排泄を我慢しがちです。

このことがきっかけになり、便秘気味になるケースもあります。

トイレはいつも清潔にしてあげましょう。

トイレは落ち着ける場所に設置する

猫は神経質な一面があり、特にトイレにはこだわる傾向があります。

排泄をするということは、野生下では非常に無防備になる瞬間です。

トイレは清潔に、落ち着ける場所にその感覚は現代にも受け継がれていますので、落ち着かない場所での排泄を猫は嫌いますし、便を出したくても我慢してしまいます。

猫のトイレは、ドアの近く、人の通り道など猫の気が散る場所には設置しない方が良いでしょう。

水飲み場所を増やす

脱水気味になると、猫の体は大腸で便から水分を吸収して補おうとするため、便が固くなり便秘になりやすくなります。

いつでも新鮮な水が飲めるように、水飲み場所を増やしてあげましょう。

ドライフードをゆで汁でふやかす

ドライフードには水分はほとんど含まれず、ほかの動物と比べて飲水量の少ない猫たちは脱水になりやすくなります。

便がカチカチにもかかわらずあまり水を飲まないようであれば、鳥ガラなどのゆで汁をかけてフードをふやかし、水分を摂取できるようにしてあげましょう。

運動量を増やす

運動量を増やす運動すると血液循環が良くなり、代謝が上がります。また、体が動くことで腸も活発に動きます。

便秘は腸の動きが停滞することで起こりますので、運動することで改善することもあります。

食物繊維を含むサプリメントの利用

便秘は、

  • 便の量が少ない
  • 水分摂取量が少ない
  • 腸の働きの低下など

の条件が重なって起こります。

食物繊維のサプリメントは便量を増やし、繊維が水分を便に保持してくれますので便がカチカチになりません。

粉末状の動物用サイリウムのサプリが使いやすく、お勧めです。

良質な食物繊維を含むフードに変更する

フードを変える猫の便秘の原因である「便の量や水分摂取量が少ない」という2つの問題は、食物繊維を含むフードを食べさせてあげることで解消できます。

食物繊維は水分を腸に増やします。

また食物繊維が水分を吸収することで便の水分量を維持してくれ、カチカチの石のような便になることを防ぎます。

しかし、どんな繊維でもよいわけではありません。

よく減量用のフードにおいてカサ増し低カロリー原料として使用されている「ビートパルプ」は、便秘の原因になる可能性があります。

おすすめランキングNo.1のカナガンキャットフードは、人間も食べられる良質なサツマイモを糖質源として使用し、猫のお腹に適した食物繊維を十分に摂取できますので、お勧めです。
カナガン公式サイトはこちらから

マッサージ

猫ちゃんを仰向けにして、みぞおちの辺りからひらがなの「の」の字を描くように優しくマッサージをしてあげてください。

腸の動きが良くなり、便秘が解消できることもあります。

年齢ごとにチェックしてあげたいお腹のトラブル

続いて、年齢ごとに生じやすいお腹のトラブルでよくある症状と、対処法・予防についてアドバイスします。

子猫によくあるお腹のトラブルと、予防・対処方法

子猫子猫の期間(0カ月~1歳)によくあるお腹のトラブルは、

  • 寄生虫による下痢
  • 食べすぎによる消化不良
  • 運動不足から起こる便秘

です。

≪予防・対処法≫

  • 寄生虫による下痢:
    どのような寄生虫がいるのかを確認し、駆虫します。

    一度で駆虫できない場合もありますので、糞便検査で寄生虫が確認できなくなるまで駆虫します。

  • 食べすぎによる消化不良:
    成長期は食欲旺盛で、驚くほど食べる猫ちゃんもいます。

    食欲に任せて食べてしまうと消化不良を起こします。

    体重を測りキャットフードの袋に記載の量を守るようにしてください。

  • 運動不足から起こる便秘:
    特に離乳期から2か月くらいの子猫に多くみられます。

    ミルクから固形に切替わっていく時期に起こりやすいです。

    便が固く、排便時に力んでいるようであれば、キャットフードにかける水分を多くしてふやかし方をゆるくしたり、よく運動させて腸を動かしましょう。

成猫によくあるトラブルと、予防・対処方法

成猫成猫期の期間(1歳~7歳頃)によくあるお腹のトラブルは、

  • 食物アレルギー
  • 慢性胃腸炎(IBD)
  • 巨大結腸

が多いです。

≪予防・対処法≫

  • 食物アレルギー:
    下痢止めを飲んでも治らないときには、食物アレルギーを疑い、アレルギー検査をするか、違うメーカーや違う種類のフードに変えてみましょう。

    添加物や原材料が合わずに症状が出ていることもありますので、カナガンキャットフードなど、良質の原材料を使用したものに変更しましょう。

  • 慢性胃腸炎:
    嘔吐や下痢、食欲不振、発熱が主な症状です。

    慢性的な胃腸炎で嘔吐下痢の症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

    元気で食欲があってもよく吐いたり、下痢をすることの多い猫ちゃんは要注意です。

    家庭で様子を見ず、早めに動物病院を受診して投薬したり、フードを良質なものや消化の良いものに変更しましょう。

  • 巨大結腸(きょだいけっちょう):
    便秘を繰り返すと腸の機能が落ち、便が腸に溜まりすぎてしまい便が出なくなることがあります。

    腸の中に便がパンパンに詰まってしまうので、排便しようと思っても便が出ずに、嘔吐するようになります。

    こうなってしまうと、病院での処置が必要になります。

    便秘気味の猫は巨大結腸になることがありますので、カナガンなどの良質な繊維分の多いフードに早めに切り替えた上で、なるべく早く動物病院を受診してください。

老猫によくあるトラブルと、予防・対処方法

老猫老猫の期間(7歳頃~)によくあるお腹のトラブルは便秘が多いのですが、その理由としては他の年代の猫ちゃんと比べると

  • 食べる量の減少
  • 腎不全

といったものが増えてきます。

≪予防・対処法≫

  • 食べる量の減少による便秘:
    猫ちゃんは、高齢になると必要なエネルギー量が減少するため、食べる量が減ります。

    また、口内炎や歯周病にもなりやすくなり、口の痛みから、食べたくても食べれないことも起きてきます。

    食べる量が減ると便量も減少してしまい、排便しにくくなります。

    繊維の多いフードに変えたり、食物繊維のサプリメントを利用するなどして、便のかさが増えるようにして改善してあげましょう。

  • 腎不全:
    高齢になると腎不全の猫が増加します。

    腎不全になると尿からの水分排泄が多くなり、脱水気味になるので、大腸で便から水分を吸収するようになります。

    そのため腎不全の猫たちの便は硬くて小さくなります。

    水分をしっかりとることができるように、缶詰とドライフードを併用したり、食物繊維分を増やすために、繊維が豊富なキャットフードやサプリメントを使用するのもよいでしょう。

    高タンパクのキャットフードは腎不全を悪化させますのでタンパク量は30~35%くらいのフードを選びましょう。

市販の消化器ケア系キャットフードは本当に安心? 辛口チェック

市販には、人気のある消化器ケア系キャットフードがいくつか販売されています。

その内容を、原材料の質や、下痢や便秘に効果がある成分を含んでいるかどうかをポイントとしてチェックしてみたところ、次のような結果になりました。

名称 グレインフリー 危険な添加物 食物繊維 価格
ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート ドライ 猫用
ダメ
ダメ
良い
500g 1501円
プリスクリプション・ダイエット 療法食 アイ ID 猫
ダメ
ダメ
良い
500g 1533円
サイエンス・ダイエット プロ 猫用 1~6歳 [健康ガード 便通・毛玉]
ダメ
ダメ
良い
300g 964円
ジョセラ (Josera) マリネッセ 消化器の弱い猫用
ダメ
良い
良い
400g 1320円
カナガンキャットフード
良い
良い
良い
2㎏ 3966円


人気消化器ケア系キャットフードをチェックした結果、「総合評価で全部良い判定「〇」が出たカナガンをお勧めします。

穀物はNG調査したすべてのフードに消化器系に配慮した食物繊維が含まれていますが、危険な添加物が使用されているものや、肉食の猫の消化に負担をかける穀物を使用したものが見られ、これらはNGとみなしました。

カナガンには人工の保存料などの添加物が配合されておらず、消化に負担をかける穀物が含まれていない、グレインフリーのキャットフードです。

下痢や便秘など消化器トラブルの猫ちゃんにはもっともお勧めです。

下痢・便秘の際に適したキャットフードNo.1はカナガンキャットフードです。

消化器ケア系のキャットフードでお勧めしたいのは「カナガンキャットフード」です。カナガンキャットフード は、
カナガンキャットフード

  • 理由1 グレインフリー!
  • 理由2 高品質な動物タンパクを使用!
  • 理由3 良質なサツマイモを糖質源として使用!

というキャットフードなので、高品質なタンパク質として、人でも食べられるヒューマングレードの新鮮な生肉を使用しているので安心です。
また、猫が消化しにくい穀物(グレイン)が入っていません。その代わりに消化の良いさつまいもを使用しています。
添加物は一切使用しておらず、代わりにハーブを使用しようしているので安心です。

カナガンキャットフードはこのようなキャットフードなので、とてもおすすめです。

dog_legキャットフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページはこちら

 

飼い主さんからよくある疑問Q&A

猫の下痢が慢性化しています。スコティッシュフォールドのメス1歳なのですが、ブリーダーさんからもらった時点でジアルジアがいて、薬を飲んでもういなくなったと診断を受けたのですが、まだ軟便が続いていて心配です。どうしたらいいでしょうか?

先生の回答
ジアルジアは再感染しやすいので、いったんいなくなってもまた感染していることがあります。

また、違う原因があるかもしれません。軟便が続くようであれば、もう一度糞便検査を行い、原因を見つけましょう。

猫もストレスで下痢をすることはありますか?多頭飼いを始めたところ、先住猫の10歳オス(去勢済)が頻繁に下痢をするようになってしまいました。新しい猫が増えたことによるストレスでしょうか… 病院の下痢止めで一時的には止まりますが、繰り返すので心配です。何かアドバイスをお願いします。

回答
環境が変わったことが原因で猫ちゃんがおなかの調子を崩すことはよくあります。

新しい猫ちゃんとの相性はいかがでしょうか?

もしも相性が悪いようであれば、少し先住猫ちゃん一人の時間を作ってあげるのもよいでしょう。

下痢を繰り返すと腸の細菌バランスが崩れ、さらにひどくなることもあります。

糞便検査を定期的に受けて腸の中の状態を確認し、内服薬の内容を状況に応じて変えることも必要でしょう。

また、人もおなかの調子の悪い時は、食事をあっさりしたものや油っぽくないものにしますが、猫も同じで、いつものフードを休み、消化の良いものや良質な原材料のものに一時的に変更するのもよいと思います。

猫が便秘で苦しそうで、排便の度につらそうに鳴きます。水分を摂りやすいようカリカリをふやかしたりしてみたのですが、あまり変わりません。人間のようにビオフェルミンやヨーグルト、ファイバーのようなものでサポートしてあげることはできませんか?

回答
サポートしてもらっても大丈夫です。

乳製品で下痢をしたことがある場合は、乳糖不耐性なのでヨーグルトはあげないようにしてください。

ヨーグルトを初めてあげるときには様子を見るために少量だけにしてください。

人間用のビオフェルミンはあげても問題はありませんが、猫と人間の腸内細菌の種類は少し異なりますので、猫には猫用の乳酸菌製剤をお勧めします。

ファイバーはあまりたくさんあげると必要な栄養素の吸収を妨げますので、記載の使用量を守ってください。

今まで一番安い餌をあげていたのですが、キャットフードにも品質が色々あることを知り、ランキングでおすすめされている「カナガン」を買ってみました。切り替え中に少し便が緩くなっているのですが、食いつきはよく、おいしそうに食べています。このまま切替続けて問題ないでしょうか?

回答
フードを切り替えた時には便が緩くなることもあります。

軟便程度の状態ならば続けてください。

もしもどんどん悪化するようならばいったん中止してください。

結論

猫の便秘や下痢の症状は非常に多く、原因は様々です。

猫の下痢の対処まとめ

原因によって対処法が変わりますので、下痢の場合はまずは病院で便の検査をしましょう。

寄生虫や細菌性の場合は駆虫薬や抗生剤で治療をしましょう。

食物アレルギーや添加物、原材料の質の問題で下痢になる場合は抗生剤や下痢止めを飲んでもなかなか良くならず、薬をやめたら再発する傾向が強いです。

そのようなときには、アレルギー検査を行い、原因になる食物を探したり、良質の原材料を使用したキャットフードに変えてみましょう。

猫の便秘の対処まとめ

便秘の原因は、

  • 食物繊維不足
  • 水分不足
  • 腸の働きの低下
  • 病気

などが原因です。

まずは、カナガンなどの、良質な食物繊維が豊富なキャットフードに切り替えてみましょう。

食物繊維で便量が増え、水分も保持してくれるので、便秘が解消する場合もあります。

3日以上便が出なければ便秘です。

この場合、様子を見ないで早めに受診しましょう。

keturon_dr02

猫の下痢・便秘のホームケアにはカナガンがおすすめ!
canagan_main
カナガンはヒューマングレードの原材料を使用し、消化に負担のかかる穀類は一切使っていません。サツマイモを原材料に使用し便秘解消に必要な食物繊維を豊富に含んでいます。
元気や食欲がある場合はカナガンに変更し様子を見ていくのもよいでしょう。しかし、元気食欲が低下している場合は様子見は禁物です。早めに動物病院を受診してください。

公式サイトで確認する

よく読まれている記こと