1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防キャットフード
  3. ≫【症状別】猫の太りすぎ・肥満を改善!おすすめダイエットフードとは?肥満が原因の糖尿病の症状と対策をご紹介

【症状別】猫の太りすぎ・肥満を改善!おすすめダイエットフードとは?肥満が原因の糖尿病の症状と対策をご紹介

猫の太りすぎ・肥満をチェックまるくて、ふっくらした猫たちは愛嬌があり、柔らかい抱き心地に癒されますよね。

しかし、最近では室内猫が増え運動不足から、人間と同じように肥満になる猫が急増しているのです。

最近ふっくらしてきたな…と感じる飼い主さん。愛猫にこんな状態が当てはりませんか?

おうちの猫ちゃんが太りすぎかどうかチェック

太りすぎ

  • 肋骨に触れることができない
  • 上から見た時に腰のくびれがなく丸い
  • おなかをゆすりながら歩く
  • 体重がメス3~3.5㎏、オス3.5~4㎏(ラグドールなどの大型腫を除く)を超えている

上記に1つでも当てはまるものがあれば、肥満の始まりと言えます。

でも、太り過ぎの猫ちゃんたちは肥満が原因で糖尿病関節炎を引き起こす可能性があるのです。

大切な愛猫がいつまでも元気で健康に過ごしてもらう為にも、飼い主さんが適切な体重管理をしててあげましょう。

肥満改善におすすめキャットフードから、肥満対策の給餌方法運動による体重管理などの具体的な方法を獣医にインタビューしまとめました。

肥満を改善
おすすめキャットフードとは?

肥満を改善キャットフード猫のダイエットは犬のように運動してカロリーを消費することが難しいため、キャットフードの選択や食事管理がメインになります。

減量用のキャットフ-ドはカロリーを抑えるために脂肪分を減らし、線維分を増やしたものが主流です。

通常のキャットフードのカロリーは380kcal/100g、脂肪分は13%ぐらいに設定されています。

一方、減量用フードのカロリーは350kcal/100g、脂肪分は 8%ぐらいです。

しかし、脂肪分を減らしすぎると皮膚や毛艶が悪くなることも。

猫は急激に体重を落とすと、肝臓を傷めるなどの健康を損ねることもありますので、急激にカロリーを減らしたり、極端に量を減らすことはお勧めできません

ダイエットフードに切り替える前に、適切なフードを選び、量と与え方を調整つしながら、無理なく健康的にダイエットしていきましょう。

また、肥満による糖尿病のリスクを下げるためにも、食後の血糖値の上昇を示すGI値の低い原材料を使用したフードがおすすめです。

肥満による糖尿病のリスクが心配な猫ちゃんは、「トウモロコシ」「小麦」など、血糖値の上がりやすい食品を糖質源にしているキャットフードは避けるようにしましょう。

キャットフードペディアの結論

肥満対策には「モグニャンキャットフード」がおすすめ

モグニャンキャットフード肥満対策にはモグニャンキャットフードをおすすめします。

  • カロリーは100gあたり約374kcal
  • グレインフリーでトウモロコシや小麦不使用
  • 糖質源にGI値の低いサツマイモを使用

モグニャンは、高タンパクで穀物不使用のキャットフードです。
腹持ちのいい低いGIのサツマイモを使用しているので、肥満による糖尿病のリスクが心配な猫ちゃんにお勧めです。

当サイトからの購入初回限定:1,980円 +税 50%OFF
公式サイトで確認する


うちの子は大丈夫?
まずは適正体重をチェック

適正体重は、1歳の時の体重が目安となります。

適正体重の1.2倍になると肥満の入り口です。

例えば、1歳の時4㎏だった猫ちゃんなら、4.8㎏以上になると肥満気味、5㎏以上になると肥満とみなされます。

猫の平均理想体重は、

オス:3.5~4㎏
メス:3~3.5㎏


ぐらいが標準です。

※ラグドールなどの大型の猫ではメス:6㎏前後、オス:7㎏前後が理想体重です。

猫を適正体重にするための食事の与え方

肥満気味だからと言って、無理なダイエットや急な減量は猫ちゃんの負担になり、体調を壊してしまう場合もあります。

適切な減量方法で無理なくダイエットをさせてあげましょう。

太りすぎの猫ちゃんにはどのようにキャットフードを与えればよいのでしょうか?

今、食べているキャットフードの量を減らせばいいと思っている飼い主さんが多いかもしれませんが、実は、単純に量を減らすだけではかえって健康を損ねてしまう場合もあります。

正しい猫の食事管理は次のように行ってください。

給餌量

給餌量肥満の一番の原因はフードの食べ過ぎです。

すぐに完食してしまっても追加はせず、1日の給餌量はきちんと守りましょう。

目標体重を設定し、現体重でフード量を計算するのではなく、目標体重でフード量を計算してください。

また、よく見かけるケースなのですが、パッケージに書かれている1日分の量を1回の量と誤解して与えてしまうことがあります。

ほとんどの場合表記されているのは体重ごとの1日量ですので、1日分を小分けにして1日3~4回に分けて与えるのがポイントです。

また、ダイエットのためにフードの回数を減らすと、体が飢餓感をもち、栄養をため込もうとします。

1日のフードの総量を極端に減らしてしまうと、カロリーは減りますが、十分な栄養が取れなくなり、ひどくなると「肝リピドーシス」という肝臓の疾患を引き起こします。安易に量ばかりを減らさないように注意してください。

カロリー

猫のダイエットは、普通のフードの量を減らす方法と、低カロリーフードに切り替える方法があります。

どちらを選ぶか迷われると思いますが、実はボディコンディションスコアの数値によって、とるべき方法が決まります。

ボディコンディションスコアが5のような病的な肥満の場合は100g当たりのカロリーの低いフードを選択してください。

ボディコンディションスコアが4と肥満気味の場合は、通常フードの量の調節が適しています。

この場合でしたら、適切な筋肉や毛並みの維持のために、カナガンキャットフードなどの品質の高いフードを選んで、量を目標体重に合わせ調節するのがトータルで見ておすすめです。

例えば、体重が6㎏の猫のボディコンディションスコアが4であったとします。

この状態は理想体重の115%です。

つまり理想体重は
6㎏÷1.15=5.2㎏
です。

ダイエット時の必要カロリー摂取量は1日当たり理想体重×35~40kcalです。

5.2㎏が理想体重ですので、182~208kcalが1日の摂取カロリーです。

運動による体重管理方とは?

運動室内飼いの猫は、犬のようにドッグランやアジリティーで運動量を増やしてカロリー消費をするのが難しいです。

しかし、だらだらとお昼寝の多い毎日を過ごしてしまうとあっという間に太りすぎになります。

筋肉の少ない体は基礎代謝が低くカロリーを消費しにくくなります。

そこで、適切な猫の運動方法をご紹介します。

猫じゃらしなどで一緒にあそぶ

一番簡単な運動は、猫じゃらしなどのおもちゃで一緒に遊んであげる事です。

猫とのコミュニケーションになりますし、カロリーの消費の面でも、ストレス解消の面でもおすすめです。

理想は1回15分を、1日3~4回。

初めは集中して遊んでくれないかもしれませんが、少しづつでいいので毎日運動させる習慣化をさせることが大切です。

キャットタワー、キャットウォークの設置

猫は犬と異なり高低差を楽しむ運動を好みます。

キャットタワーやキャットウオークを設置して、高さを楽しむ運動を取り入れましょう。

天井まで届くような高いキャットタワーに登る、壁に設置されたキャットウオーク(猫用の複数の棚)を行ったり来たりするといった運動を取り入れてあげましょう。

キャットウォークやキャットタワーは住宅のサイズ、戸建て/賃貸などご家庭に合わせたものが各種販売されています。

家の外に出すのはNG!

猫を運動のために屋外に出すのはお勧めしません。

交通事故にあったり、転落事故、ほかの猫とけんかをして怪我をする、伝染病をもらうなどのトラブルが考えられます。

去勢や避妊手術をしていない猫の場合、希望しない妊娠の結果、不幸な野良猫を増やしてしまうことにもつながります。

慌てて逃げて迷子になったまま戻ってこられないこともありますので、運動量を増やしたいからといって外に出すのはやめましょう。
 

病気の可能性も!?
肥満による糖尿病の症状と治療

肥満が悪化したり、慢性化すると様々な病気のリスクが上がります。

中でも肥満の猫たちは糖尿病発症のリスクが高いと言われています。

糖尿病の主な症状

  • 多飲多尿
  • 食べているのにどんどん痩せる
  • 脱水

他にも同じような症状が出る病気がありますので、一概に決めつけるわけにはいきませんが、以上のような症状があれば早めに受診してください。

糖尿病の原因と発症メカニズム

肥満は、摂取カロリーが消費カロリーを上回って脂肪として蓄えられることが原因となって生じます。

脂肪のたくわえが多いと動きが取れなくなり、カロリー消費が減り、さらに肥満が進んでしまいます。

それが続くと、単なる肥満ではなく糖尿病にまで進行してしまう場合もあるのです。

糖尿病は人間の生活習慣病のひとつでもあり、身近な病気ですが、猫の体ではどんなことが起きているのでしょうか?

糖尿病の原因

猫の糖尿病もヒトと同じくインシュリンの分泌異常が原因です。

糖尿病とは、血液中にブドウ糖がたくさんありすぎて、吸収されずに残ってしまい、血糖値が高くなってしまう病気です。

ここには、血糖値のコントロールをしているインシュリンというホルモンが関わっています。

インシュリンは膵臓(すいぞう)という臓器で分泌されます。

インシュリンの働き

①血糖値を下げる
インシュリンというホルモンは、体内でほぼ唯一、血糖値を下げる働きをしているホルモンです。

インスリンの分泌には2通りあり、1日中少しずつ分泌されている「基礎分泌」と、血糖値が高くなった時にだけ大量に出る「追加分泌」があります。

インスリンは血液を通じて体の細胞に糖を取り込ませ、使わせることによって、血液中の糖分すなわち血糖値を下げています。

②体に脂肪を溜め込ませる
インスリンは血糖値を下げるだけでなく、体に脂肪を溜め込ませる働きもします。

血液中のブドウ糖が増えると、インスリンが「追加分泌」にてたくさん分泌され、細胞にブドウ糖を取り込ませるので、血糖値は次第に下がります。

もし使い切れずに余ってしまったブドウ糖があれば、脂肪に変えられて脂肪細胞に蓄えられます。

そこでなんと悪いことに、脂肪が増えると脂肪細胞から「サイトカイン」という物質が生み出され、インスリンが効きにくくなってしまいます。

脂肪の蓄積は生命の維持に欠かせないプロセスですが、糖と脂肪が過剰な状態が長引くと悪循環に陥り、次第にインスリンの働きに異常が生じてしまうというのが、糖尿病の問題点です。

動物病院での検査と治療

糖尿病が疑われるときの検査・治療方法、期間や費用についてご紹介します。

診察

・ 食欲や元気、尿量や飲水量などについて問診を行います。
・ 血液検査・尿検査を行います。

治療・薬

・ 検査の結果、糖尿病と診断されれば「インシュリン皮下注射投与」「食事療法」を行います。
・ 糖尿病の内服薬もありますが、効果がないことがほとんどです。

治療にかかる期間・費用

・ 糖尿病と診断されれば治療は一生続きます。
・ 費用: 血液検査費用  1000円~/回
      治療食   1500円~/1袋(500g)
      インシュリン  5000円~/1バイアル
                   (※種類と組み合わせにより変わります)
      インシュリンシリンジ 本数・種類により変動します
      その他

ペット保険は適用される?

ペット保険は適応されますが、加入ペット保険により上限金額があります。
治療食は保健適応外です。

市販で人気の
ダイエット用キャットフードをチェック!

「ダイエット用」と言われているキャットフードは多数売られていますが、肥満の猫ちゃんに安心して与えられるのでしょうか?品質をチャックしてみましょう。

名称 穀物 添加物 カロリー(100gあたり)
サイエンス・ダイエット ライト 肥満傾向の成猫用 トウモロコシ、米、コーングルテンなど 酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物) 353kcal
カルカンドライ肥満が気になる猫用 毛玉ケア とうもろこし、小麦等 酸化防止剤(クエン酸、BHA、BHT)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5)、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K) 335kcal
ピュリナワン キャットメタボリックエネルギーコントロール コーングルテンミール、米、大豆ミール、とうもろこしなど 酸化防止剤(ミックストコフェロール) 約330kcal
モグニャンキャットフード サツマイモ、エンドウ豆、ひよこ豆など 保存料として自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE) 約374kcal

カロリーは一般のフードと比べて低カロリーでした。
穀物は、血糖値の上昇が気になる小麦やトウモロコシを使用しているフードが多くあることが気になりました。
ダイエット中は、猫ちゃんにストレスなく食事制限をさせてい上げる必要がありますので、糖質の上昇を少しでも抑え、満腹感を持続してあげる為にも、腹持ちの良いサツマイモを使用したモグニャンをおすすめします。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

我が家のオス猫が8kgになってしまいました。運動させようとおもちゃを出しても、寝転がったまま遊ぶばかりであまり運動になりません。どうしたらいいでしょうか?
少しづつ運動する習慣を

猫は犬のように運動で痩せることが難しい動物です。
運動を目的におもちゃを出しても 思うように動いてはくれないでしょう。
まずは、食事から体重管理を行い、半年から1年くらいの長期計画を立てましょう。

室内飼いの猫が一番長生きできる体重はどれくらいなのでしょうか?
標準体重が理想です

ラグドールなどの大型の猫ではメス:6㎏前後、オス:7㎏前後。
それ以外の猫の場合はメス:3~3.5㎏、オス:3.5~4㎏ぐらいが標準です。
標準体重は健康の基本ですので、長生きしてもらう為にも痩せすぎず、太り過ぎないよう気を付けましょう

2歳のオスと7歳のオスを一緒に飼っています。2歳の子の方が食欲旺盛で、先住の猫の餌を食べてしまい、なかなかうまくカロリーのコントロールができません。先住ネコは置き餌にして好きなタイミングで食べたい子なのですが、どうしたらいいでしょうか?
食事は別々に

年齢差があるため生活スタイルや食欲などは異なると思います。
この状況だと若い猫のほうが肥満になっていきますので、食事はお部屋を分けることが可能であれば分けましょう。
どうしても難しい場合はカロリー低めのフードにすることも考慮してください。

まとめ

まとめ猫は肥満になると減量が難しく、食餌量を減らすと栄養状態が悪くなり肝臓を傷めることもあります。

良質な原材料を使用したキャットフードを選び、目標体重で計算した量のフードを1日3~4回に分けてあげましょう。

また、肥満になるほど糖尿病等のリスクが高くなります。

まず、太らせないことが大切なので適度な運動をさせながら、1日に必要なカロリー量と給餌量をきちんと守って猫ちゃんの肥満を防いであげることが大切です。

キャットフードペディアの結論

肥満対策には「モグニャンキャットフード」がおすすめ

モグニャンキャットフード肥満対策にはモグニャンキャットフードをおすすめします。

モグニャンは、高タンパク穀物不使用のキャットフードです。
腹持ちのいい低いGIのサツマイモを使用しているので、少量でも満足することができます。
カロリーは100gあたり約374kcal
肥満による糖尿病のリスクが心配な猫ちゃんにも安心して与えられる高品質のキャットフードです。

当サイトからの購入初回限定:1,980円 +税 50%OFF
公式サイトで確認する


よく読まれている記事