1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防キャットフード
  3. ≫【症状別】猫の毛並みを改善!ふわふわツヤツヤな毛並みにするためのキャットフードとケアとは?

【症状別】猫の毛並みを改善!ふわふわツヤツヤな毛並みにするためのキャットフードとケアとは?

猫の肝臓病の初期症状をチェック猫ちゃんは猫種によって被毛の特徴は違います。

毛種は短毛、長毛に分かれますが、毛質はフワフワだったり、ツヤツヤだたり、滑らかな手触りだったりとその子によって個性はざまざまです。

被毛の特徴が違う分だけ悩みもそれぞれ。

毛並みのトラブルで多い症状とは?

こんな症状

  • パサパサしている
  • 絡まって毛玉が出来る
  • 抜け毛が多い
  • 色が黄ばんでくる
  • 体をかゆがる
  • 肌が黒ずんでいる

被毛の悩みの改善は、日ごろのお手入れと毎日の食事で改善することができます。
 
毛並みトラブルの原因対策自宅ケアから受診目安、さらに毛並み改善におすすめのキャットフードまで獣医にインタビューしてまとめました。

毛並みを改善するには食事から!

美しい毛並みを保つためには、毎日の食事はとても重要です。

食べたものによって皮膚や毛は大きな影響があるため、被毛維持にとって必要な栄養素をしっかりと摂取できるキャットフードを与える必要があります。

では、どのようなキャットフードを与えたら良いのでしょうか?

毛並み改善におすすめのキャットフードとは?

猫の毛は、そのほとんどがタンパク質から出来ています。

猫の毛並み改善するためのキャットフードの選ぶポイントは

  • 良質な高タンパクなフードである
  • 消化が苦手な穀類を使用していない
  • 人工添加物不使用
  • 毛並み維持をサポートする成分が入っているフード

上記の項目を満たしたフードである事が重要です。

毛並みの改善にはまず健康で丈夫な皮膚である必要があります。

健康な皮膚を作るには、高品質なタンパク質を摂取できるキャットフードであるとこが大切。

さらに、皮膚の健康維持に大切なビタミンAやDHA・EPAなどのオメガ3・6脂肪が含まれているフードであれば美しい被毛に効果が期待できるでしょう。

そして、被毛トラブルの原因の一つであるアレルギーや皮膚炎などのリスクを軽減するためにも、消化の負担のかかる穀物や危険な人工添加物を使用しないフードを選んであげましょう。

キャットフードペディアの結論

毛並み改善には「カナガンキャットフード」がおすすめ

カナガンキャットフード美しい毛並みに改善したいなら、カナガンキャットフードがおすすめです。

  • 肌の健康に欠かせない動物性たんぱく質を60%配合
  • 消化の負担になる穀物は使用していないのでアレルギーが心配な子でも安心
  • 人工添加物不使用

また、カナガンはオメガ3脂肪酸を豊富に含むサーモンオイル海藻を使用しているので、美しい被毛や健康な皮膚をサポートしてくれます。
公式サイトで確認する


自宅で行う
毛並み改善のためのケア方法

美しい毛並みを維持するためにも自宅ケアは大切です。

自宅で出来るお手入れはそどうすればよいのでしょうか?

ブラッシング

ブラッシングブラッシングは日々のお手入れの基本です。

特に長毛種は毛がもつれて毛玉ができやすいのでこまめなブラッシングが必要です。

しかし、ブラッシングの習慣がない子は、最初は嫌がる子もあるかもしれません。

時間がかかったり、もつれた毛がひっかかったりすると嫌がりますし、無理に続けるとブラシを見ただけで攻撃するようになります。

毎日少しづつ行うことと、ブラッシングは毛の根元をもってまず先の毛をとき、最終的に根元まで解きほぐすことが大切です。

先端は解けていても、根元が毛玉になっている場合が多くあるのでチェックが必要です。

また、毛玉ができやすいのは、「耳の後ろ・根元」「脇・股」「あごの下」ので、そこを重点的にブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングは毛のもつれを取るだけでなく、汚れ取りや、皮膚のマッサージ、スキンシップにもなり効果的です。

シャンプー

シャンプーシャンプーを自宅で行う場合は毛並みの美しさを保つためには、シャンプーが効果的です。

濡らす前には、綺麗にブラッシングをしてください。

猫は水に濡れるのを嫌がる子が多いので、優しく手早く行って下さい。

シャンプーは毛を洗うだけではなく皮膚もマッサージするように洗います。

そして、乾かすときにはブラシを使い完全に乾かしてください。

生乾きだと皮膚炎の原因になります。

トリミングサロンでのケア

トリミングサロンでは被毛の状態やコンディションに合わせてシャンプーやトリートメントを選んでくれますし、家ではなかなか見せてくれない部位やお手入れしにくい部位まで行き届いたケアをしてくれます。

毛玉を見つけても家で切りにくいですし、急に動かれると皮膚を切ってしまうこともありますのでトリミングサロンでお願いしましょう。

自宅ででシャンプーやブラッシングができる場合も、皮膚や毛並みの健康状態の為にも定期的にトリミングサロンに行くことをおすすめします。

どうして毛並みが悪くなるの?
毛並みのトラブルの原因と対策

キャットフードの種類が合わない場合

キャットフード被毛の健康は食べたもによって左右されます。

食べたものが皮膚や被毛などのように目に見える形になるのに約1か月かかるといわれています。

フードを変えてしばらくして被毛のトラブルが起きてしまった場合は、与えた食事が原因の可能性があります。

毛並み改善の為には、高品質なタンパク質をしっかり摂取でき、美しい被毛を保つ健康な皮膚をサポートしてくれる栄養素がバランスよく含まれている食事であることです。

アレルギーや皮膚炎の予防の為にも、小麦などの猫にとって消化に負担のかかる穀物が入っていないフードであること、危険な人工添加物が不使用のフードであることも大切です。

皮膚炎の場合

皮膚炎になるとかゆみが出るのでぼりぼり搔いたり、炎症のある場所を舐めます。

痒みがひどくなると被毛をむしったりするようになるため脱毛や毛並みの悪さが目立つようになります。

様子を見るとどんどんひどくなるので早めに受診しましょう。

体調が悪い場合

短期間の体調の悪さでは毛並みに大きな変化は起こりませんが、腎不全・肝疾患・糖尿病などのように長期にわたる疾患の場合は毛並みが悪くなります。

ツヤもなく、毛が束状になり固まっているようであれば早めに受診してください。

こんな時は動物病院で治療を!

  • 痒みがひどく搔きむしり脱毛している
  • 抜けたまま毛が生えてこない
  • 毛並みが良かったのに急にぼさぼさになりツヤもなくなった

こんな症状に心当たりがある場合には早めに受診することをおすすめします。

早期発見早期治療が大切です。

受診が必要な状態の目安

  • 痒みがひどく搔きむしり脱毛している
  • 急に広い範囲で毛が抜けた
  • 脱毛したまま生えてこない
  • 急にぼさぼさになった

考えられる病気

  • 細菌性皮膚炎
  • 寄生虫感染
  • アレルギー・アトピー
  • 肝疾患・腎疾患

動物病院での検査と治療

診察・検査

  • 被毛検査
  • 皮膚検査
  • 血液検査・生化学検査
  • アレルギー検査

治療・薬

治療は診断内容によりますが、皮膚疾患の場合は「抗生剤や坑アレルギー薬」「イベルメクチンなどの寄生虫駆除薬」「食事の変更」などを行います。
肝疾患や腎疾患の場合は「点滴」「内服薬」などの投与を行います。

治療にかかる期間・費用

皮膚疾患の場合
治療期間はおおよそ2週間~
被毛検査・皮膚検査: 1500円~/1回
注射: 1500円~/1回
内服薬: 3000円~/1週間分
アレルギー検査: 15000円~(検査内容によります)
薬用シャンプー: 2000円~/1本

肝疾患・腎疾患の場合
血液検査: 800円~/1項目
超音波検査: 3000円~/1回
レントゲン検査: 3000円~/1ポーズ
内服薬: 診断内容によります。

ペット保険は適用されるか

シャンプー以外は適応になります。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

毎日自分で毛づくろいをしている猫ちゃんでもブラッシングは必要ですか?
ブラッシングはしてあげましょう

猫は毎日毛づくろいをしますが、ブラッシングは必要です。
猫が自分で毛づくろいをして大量の毛を飲み込んでしまうと、胃の中で大きな毛の塊となり胃の出入り口をふさいでしまう「毛球症」になる恐れがあります。
毛を飲み込む量を減らすためにもブラッシングはこまめに行いましょう。

抜け毛が多くて心配です。何かの病気でしょうか?
いちどにたくさん抜けた場合には受診しましょう

猫の換毛期にはたくさん毛が抜けますが、それ以外にも一度にごっそりと毛が抜けてしまった場合には病院での受診をおすすめします。
その際に、脱毛している個所はないか、皮膚に異常はないか、痒がっている個所はないかをよくチェックしてあげましょう。

まとめ

まとめフカフカした被毛、つやつやと輝く毛並みは猫ちゃんにとって魅力の一つですよね。

美しい毛並みを維持するためにも、毎日のケアと食事はとても大切です。

シャンプーやブラッシングなどのお手入れが難しい場合は、定期的に動物病院やトリミングサロンにお願いしましょう。

なかなか毛並みが良くならない場合は、食事が原因の場合もありますのでキャットフードを変えてみましょう。

高タンパクで美しい毛並みの維持に欠かせないオメガ3脂肪酸など毛並みのサポート成分を配合したフードがおすすめです。

キャットフードペディアの結論

毛並み改善には「カナガンキャットフード」がおすすめ

カナガンキャットフードカナガンキャットフードは、被毛の健康維持に欠かせない高タンパクのチキンを60%使用。
美しい毛並みを維持してくれるDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルや海藻を配合しています。

グレインフリー・人工添加物不使用だからアレルギーや皮膚炎が心配な子でも安心して与えられます。

公式サイトで確認する


よく読まれている記事