1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防キャットフード
  3. ≫猫の口臭が臭い!歯周病や口内炎など病気の可能性はある?原因と3つの対処法

猫の口臭が臭い!歯周病や口内炎など病気の可能性はある?原因と3つの対処法


猫の口臭の悩みの対処法をお伝えします。猫があくびをした時に口から漂うにおい、唾液がついた布から膿のようなにおいがすといった、猫の口臭の悩み… 何とかしたいですよね。

口の周りが汚れていたり、硬いキャットフードを食べなくなったけど口が痛いのかな?とも思いますが、猫はなかなか口の中を見せてくれないからよけい心配ですね。

危ないサインの見分け方、対策、治療についてアドバイスします。

こんな症状があればケアが必要!口のトラブルチェックリスト

  • 口の周りを気にしている
  • 口の周りが汚れている
  • 前足の内側に汚れがついている
  • よだれをたらしている
  • 硬いものを食べると吐き出したり、暴れる
  • 口がにおう

このような症状が一つでもあれば、歯周病や口内炎になっているかもしれません。

それでは順番に、口臭の原因、注意することは何か、対処法についてお伝えします。

カナガンキャットフード猫の口臭・歯周病の予防におすすめNo.1のキャットフードは「カナガンキャットフード」」です。
価格:1.5kg ¥3,960+税
公式サイトで確認する

歯周病や口臭になりやすい猫の特徴

缶詰やパウチなどのウエットフードをよく食べる猫、口を触られることを嫌がり歯磨きができない猫は歯周病になりやすいです。

また、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症にかかっている猫も口内炎になりやすいといわれています。

猫の種類別 お口のトラブルの起こりやすさ

猫の中にはお口のトラブルが起こりやすい種類がいます。

アドシニアン ソマリ
アビシニアン ソマリ
ペルシャ ヒマラヤン
ペルシャ ヒマラヤン
シャム
シャム


が、歯肉炎や歯頚部吸収病巣になりやすいといわれています。

歯頚部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)とは

歯が少しずつ破壊・吸収されて掘ったような穴が歯に開き、だんだん歯が小さくなり、最後にはなくなってしまう猫特有の歯の病気です。

すべての猫に歯周疾患は起きる可能性がありますが、特に上記の種類はなりやすく、遺伝が関連しているのではないかと言われています。

詳細なメカニズムはまだ不明ですが、当てはまる種類の猫たちは、予防的に特に気にかけてあげるといいでしょう。

年齢、体質、性格などによるお口のトラブルの起こりやすさ

年齢を重ねるごとにひどくなるお口のトラブル成猫以上の猫で、お口のトラブルは起こりやすく年齢を重ねるにつれひどくなる傾向にあります。

免疫力の弱い猫や慢性疾患にかかっている猫も口の中の環境が悪くなりやすく歯石の付着が重度になります。

また、お口に触られることを嫌ったり、性格の激しい猫たちはお口のチェックが難しく、ひどくなって初めてわかることもしばしばです。

そういった猫たちは、次に紹介する3つのステップでお口のトラブルを未然に防いでいきましょう。

猫の口臭・歯周病を治すための3つのステップ

ステップ1 キャットフードはウェットではなくドライを選ぶ

キャットフードはウェットではなくドライを選ぶ

お口の臭いのもとになるのは口の中の細菌と歯石です

食べ物の残りかすと口の中の細菌が反応して歯垢になります。

この歯垢にカルシウムなどのミネラルが混じると、だんだん固い歯石が形成されます。

歯垢から歯石になるまでの期間は短く5日前後です。

歯石の前段階の歯垢をためないようにするには歯にあまり付着しないドライフードを食べる方が良いでしょう。

ウエットは嗜好性もよく、舌触りもよいため好む猫が多いですが歯に付着する割合が高くなります。

これまで、ウエットフードを食べることが多かった猫は、少しづつドライフードも取り入れていくのもよいでしょう。

おすすめは「カナガン」

そこでお勧めしたいのは、カナガンキャットフードです。
カナガンキャットフード

カナガンは原材料にこだわり、

  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 無添加


で、猫が本来必要とする栄養素の条件も満たしています。また、フードの粒の大きさや厚みが小さすぎず、薄すぎないサイズなので、しっかり噛んで食べてくれます。噛むことで、歯の表面に付着した歯垢を落とし、歯石を少しでも防いでいくことができます。

dog_legキャットフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページはこちら

 

ステップ2 歯磨きと口の中のチェックを習慣にする

歯磨きと口の中のチェックを習慣にする

口臭や歯周病を防いでいくためには、お口の中の定期チェックは欠かせません。

猫は口の中を見せてくれないことが多いのですが、大きく口を開いてくれなくても、唇をめくり歯と歯茎が見えればチェック可能です。

歯と歯茎の境目が赤くなっていれば、歯肉炎始まりのサインです。

歯のチェックをしようとしても嫌がるならば、無理にしないことも大切です。

少しづつ、短時間ずつから始めてしょう。

できれば、歯磨きもしてあげたいですが、口の小さな猫たちに「歯ブラシ」は難しいことが多いです。

最初から歯ブラシを使って磨こうとしなくても大丈夫です。

指に布を巻き付けて歯の表面を拭くと歯垢を取り除くことができます。

歯垢を取り除いていけば歯石になるスピードはぐっと遅くなります。

歯ブラシにチャレンジするときには
  • 柄が短く
  • ヘッドが小さく
  • ブラシの毛の短いもの

をお勧めします。

ステップ3 症状が改善しない場合は動物病院を受診

歯磨きと口の中のチェックを習慣にする

食欲がない、何か食べると奇声を上げて吐き出そうとする、よだれが出て口の周りが汚れているなどの症状があれば早めに診察を受けましょう。

診察・検査

口腔内を観察し、歯石の付着、歯肉炎や口内炎の程度、腫瘍の有無を調べます。

レントゲン検査や口腔内の細胞診・細菌検査などを行うこともあります。

また、歯石以外の原因として、腎不全の可能性もあります。

高齢の猫でアンモニア臭がする場合は血液検査(BUN・クレアチニン)をお勧めします。

考えられる病気

  • 口内炎
  • 歯肉炎
  • 歯石
  • 腫瘍
  • 腎不全

など

治療・薬

  • 歯石が附着している場合: 歯石除去(全身麻酔下)
  • 腫瘍の場合: 切除
  • 口内炎の場合: 鎮痛薬・抗生剤の投与。抜歯。
  • 歯磨き
  • 腎不全の場合: 点滴・吸着炭・ACE阻害薬

など

治療にかかる期間・費用

歯肉炎・歯周病: 軽度の場合は7~10日、重度の場合は2週間以上

【費用】

  • 歯石除去: 15000円~
  • 歯肉炎治療(外来): 5000円~

※ 治療費は病院によって異なります

ペット保険は適用されるか

保険は適用になります。

保険会社によって歯石除去は適応にならない場合もありますので、ご加入の保険会社に確認したほうが良いでしょう。

猫用の口腔ケア用品の使いどころ

 猫用の歯磨き剤
ビルバックCET歯みがきペースト 歯垢を分解する酵素入りの歯磨きペーストです。モルト味・チキン味があります。 70g
1685円
★★★★☆
リデンタ ウォータープラス 口臭ケア用液体ハミガキ 犬猫用 237ML 水に混ぜて使用できるので、歯磨きが無理な猫に向いています。無味無臭。 237ml
2581円
★★★☆☆
マキシガード 口腔洗浄用のジェルで、ブラッシングなしで使えるのがメリットです。少し酸味があります。 118ml
2160円
★★★☆☆

 

 猫の口臭用サプリメント
デンタルバイオ タブレットタイプでフードに混ぜたり、少なめの水に溶かしてなめさせるようにして与えてください。口の中の細菌バランスを整えます。 100錠
4100円
★★★★☆
CET ビルバックチュウ 猫用 食べるタイプの口臭用サプリです。食べて歯の表面をこするだけでなく、歯垢を分解を助ける酵素入りです。 70g
2200円
★★★☆☆


人間用のキシリトールガムは絶対NG!!

虫歯予防に効果があるキシリトールガム。人間には良いのですが、動物にあげたらいけません。
キシリトールを体重1㎏あたり0.5g摂取すると中毒を起こすといわれています。

キシリトールガムによってキシリトール含有量が異なります。スーパーでよく売っているものは50%が多いです。

体重3㎏の猫が間違って3粒食べると中毒を起こします。絶対に食べないように気を付けましょう。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

10歳のオス猫を飼っています。最近食欲はあるのですが、よだればかり垂れてうまく食べられないようで、口臭もすごく、痩せてきてしまいました。どうしたらいいでしょうか?

回答
口の中を見せてくれるようなら口内炎・歯肉炎や歯石付着がないか見てあげてください。

よだれが垂れているとのことなので口内炎の可能性が高いです。

できるだけ早めにかかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

8歳の雌猫を飼っています。そろそろ高齢なので口の中をよく見てあげるよう獣医さんに言われたのですが、今まで習慣でなかったせいか、口を触ろうとするとひどく怒り、歯磨きどころではありません。今からでも慣らす方法はありませんか?

回答
8歳になると慣らすのも難しくなります。

口を大きく開けるのは最初から無理なので、唇を少しめくり上げることから始めてみてください。

嫌がるのに無理にやろうとすると、余計嫌がりますので無理をしないようにしてください。

9歳の去勢済みオスアビシニアンがいます。今までわがままで、ウェットフードしか食べずに来ました。健康のためにドライフードの方がいいのかと思うのですが、切り替え方がわかりません。

回答
ドライフードを砕いて小さな粒にしたものをウエットフードに少しづつ混ぜてみてください。

だんだん粒を大きくしながらウエットフードの量を減らしていってください。

焦らずゆっくりがポイントです。

猫の口が臭く、キャットフードをウェットからドライにしようと思っています。キャットフードの中でも特に「歯と歯茎の健康用」と書かれたキャットフードは、何が他と違うのでしょうか?品質や安全性をトータルで考えると、何を使えばいいか迷ってしまうのですが…

回答
歯と歯茎の健康用のドライフードは「歯垢をそぎ落とす」ことを目的にしています。

そのため粒が硬く、繊維を多く含んでいることが特徴です。

粒の大きさも通常のキャットフードよりは大きく厚みがあることも特徴です。

原材料の品質などを考慮に入れると、カナガンのドライフードもお勧めです。

結論

口臭の原因は「口の中の細菌叢(さいきんそう)の乱れ」と「歯石の付着」がほとんどです。

歯の表面に付着した歯垢は5日前後で歯石になり歯にがっちり付着します。

歯石は細菌とミネラル分の塊です。この細菌が出す毒素のにおいが口臭になります。

口内炎があるときも口臭が強くなります。

口内炎の原因はよくわかっていませんが、免疫低下や口の中の細菌が引き金になるのではないかといわれています。

歯石を付着させないためにはウエットフードではなくドライフードを選んであげましょう。

また、腎不全のある時にもアンモニア臭がしますので、口のトラブルがないならば腎不全を疑って、早めに受診してください。

keturon_dr02猫の口臭・歯周病予防には、ドライフードの最高峰カナガンがおすすめ!

canagan_main
おすすめの理由
カナガンは原材料にこだわり、「ヒューマングレード」「グレインフリー」「無添加」で、猫が本来必要とする栄養素の条件も満たしています。また、フードの粒の大きさや厚みが小さすぎず薄すぎないサイズなのでしっかり噛んで食べてくれます。噛むことで、歯の表面に付着した歯垢を落とし、歯石を少しでも防いでいくことができます。


公式サイトで確認する

よく読まれている記事