1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防キャットフード
  3. ≫【症状別】獣医に聞く!猫の腎臓病ってどんな症状?キャットフードで治せるの?選び方から治療・対策までご紹介!

【症状別】獣医に聞く!猫の腎臓病ってどんな症状?キャットフードで治せるの?選び方から治療・対策までご紹介!

猫の腎臓病の症状と原因について解説します。最近なんだか調子がおかしい…言葉を話せない猫ちゃんだからちょっとした体調の変化でも飼い主さんは不安になってしまいますよね。

最近お水をよく飲むようになった。毛艶が悪くなった。お口のにおいが気になる。心配ですよね。

こんな症状は腎臓に異変があるサインかも?

こんな症状

  • 最近お水をよく飲むようになった
  • 毛艶が悪くなった
  • おしっこの量が増えた
  • おしっこのにおいが薄い
  • お口のにおいが気になる
  • 痩せた

このような症状が当てはまれば、腎不全の可能性があるかもしれません。

もしも、腎不全だと診断されたら今後どうしていけばよいのでしょうか?

フードは今のままでよいのでしょうか?また、腎不全は治るのでしょうか?

実際に腎臓にトラブがある場合、どんなキャットフードを選び、何に気を付けて改善すればいいのかをアドバイスします。

腎臓が悪い猫ちゃんのために
選んで欲しいキャットフードとは?

選んで欲しいキャットフードとは?現在症状がなくても高齢になるにつれ腎臓に影響が出ることが多く、7歳以降は特に体調面・食事面で気にかけていかなくてはなりません。

特に、腎不全の子はキャットフードは専用フードに変えてあげることが重要です。

腎不全と診断され、専用のフードに切り替えた場合は寿命が2倍伸びたという報告(※)もあるほど、腎不全の猫にとってどのフードを食べるかはとても大切。

では、どんなキャットフードに変更すれば良いのでしょうか?

腎臓トラブルに適したキャットフードの選び方のポイントをご説明します。

※Elliot et all 2000年、Plantinga et all 2005年
ドッグフードペディアの結論

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 猫用腎臓の悪い猫ちゃんにおすすめのNO.1キャットフードは「ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 猫用」です。

  • 低タンパク
  • リン・ナトリウムを制限した設計
  • オメガ3脂肪酸を配合

腎不全治療のために必要な栄養バランスでつくられた、腎臓サポートの療法食です。
Amazonでご購入はこちら>>

腎臓病の猫に必要な
キャットフードの選び方

カロリーは393kcal~410kcal程度

腎不全になるとタンパク質の摂取量を減らす必要があります。

タンパク質の摂取量が減るとカロリーが減ります。

カロリー不足になると筋肉を分解しタンパク質を体に供給しようとするため、かえって体に悪影響を与える窒素代謝物(BUN)が増加します。

このようなことを防ぐためにカロリーは多めに摂取します。

タンパク質は24%~26%が安心

肉類猫はもともと肉食動物なので、食事中に40%前後のタンパク質が含まれることが理想です。

しかし、タンパク質は分解されると窒素代謝物を作ります。

正常の腎機能であれば、それを処理することができます。

しかし、腎不全になると腎臓の組織が壊されてしまうため、残った正常組織で窒素代謝物を処理していきますが、大きな負担がかかり、正常な組織も壊れてしまいます。

その結果、どんどん老廃物の処理能力が落ちていき、ますます腎機能は低下してしまいます。

少しでもこのような負担を軽減するためにたんぱく質の量は、24~26%に減らす必要があります。

リン、ナトリウムは摂り過ぎない

リンは骨や歯、細胞膜に必要リンはもともと骨や歯、細胞膜などを作るために体にとって必要な栄養素で、キャットフードには1%前後含まれます。

しかし、腎不全になると腎機能の低下から余分なリンが排泄できず、過剰に溜まったリンが腎不全を悪化させます。

ナトリウムは成猫用のキャットフードには1%前後含まれますが、腎臓の悪い猫には過剰な量で、血圧を上げてしまい腎臓に負担がかかります。

腎不全の場合はリンは0.3%~0.45%、ナトリウムは0.4%~0.44%に減らす必要があります。

オメガ3脂肪酸配合のものを選ぶ

オメガ3脂肪酸が多く含まれるエゴマ油オメガ3脂肪酸はDHA・EPAやエゴマ油などに多く含まれています。

この脂肪酸は血小板の凝集を抑え血流を良くしたり、血管をしなやかにして血液の流れをスムーズにします。

腎臓では血液をろ過することで、血液中に含まれる必要な成分と不必要な成分を分けています。

さらに心臓から送り出された血液の1/4が腎臓を流れているといわれ、腎臓内を血液がスムーズに流れることができなければ腎臓への負担はさらに大きくなります。

血流を滑らかにし、血管も丈夫にしてくれるオメガ3脂肪酸を摂取することで、腎臓への負荷を少しでも減らしてあげましょう。

猫の腎不全はなぜ起こる?原因と対策

腎臓病になる主な原因と症状、その対策についてご説明します。

猫の腎臓病の原因

細菌やウイルス感染、尿石症、腎炎などが原因と言われますが、主な原因は加齢に伴う腎機能の低下です。

6歳ごろから徐々に腎機能低下が始まるといわれています。

そして腎臓を構成する細胞は壊されるとほとんど再生することができず、両側の腎臓の2/3が機能しなくなって初めて症状が出ます

また、免疫複合体(※抗原と抗体が結びついたもの)が腎臓の糸球体にひっかかり炎症を起こし腎不全の原因になることもあります。

猫の腎臓病の症状

腎不全には急性と慢性があります。

急性の腎不全

尿路閉塞、重度の脱水や心疾患などで急激に腎臓への血液流入量が少なくなったり、腎臓に毒性のある中毒物質を摂取したりすることで急激に腎臓の細胞が破壊されることで起こります。

食欲低下・元気消失・尿量の減少~全く出ない・激しい嘔吐等の症状が起こります。

処置が遅れると死亡することもあります。

慢性の腎不全

加齢に伴い徐々に腎臓の細胞が壊れていき、腎臓の2/3の細胞が機能しなくなると症状が現れます。

残りの1/3の腎臓で、老廃物のろ過や体に必要な水分や栄養素を体に残すなどの働きを続けるのでだんだん負担が大きくなり、やがて腎臓のほぼ全部の細胞が機能しなくなります。

食欲低下・元気消失・嘔吐・便が少なく硬くなる等の症状が主ですが、症状が悪化すると痙攣・意識消失などが起こり死亡することもあります。

猫の腎臓が悪くなった時の治療

検査

血液検査

血液検査ではBUN・クレアチニン・リン・カルシウムを測定します。

【検査項目:参考値】

  • BUN:16~36
  • クレアチニン:0.8~2.1
  • リン:2.9~6.6
  • カルシウム:8.8~11.1
  • ※参考値は測定に用いる機器によって異なります。この範囲に収まっていれば正常です。

尿検査

尿検査では尿比重・尿蛋白の有無を調べます。

  • 尿比重:1.035~1.060
  • 尿蛋白:検出されない場合は正常

治療・投薬

症状や腎不全の程度により治療や投薬を組み合わせて行います。

ACE阻害薬

血圧を下げ腎臓の負担を減らします。

吸着炭

体内に溜まる窒素代謝物を腸内でとらえ、便とともに排泄します。

リン・カルシウム吸着剤

腎臓に負担のかかるフード中のリンやカルシウムを吸着します。

点滴

脱水を防ぎ、尿量を増やし尿毒素物質を排泄する目的で点滴を行います。

人工透析

人工透析を行い血液中の老廃物を取り除きます。

ペット保険は適用される?

治療食以外のものについては保険適用になります。

加入保険によって異なる場合がありますので、事前に確認しておいてくださいね。

腎臓が悪い猫におすすめできるキャットフードはどれ?
品質を比較

市販には「腎臓用」と書かれたキャットフードがたくさんありますが、本当に猫の食事として安心できるものなのでしょうか?

名称 タンパク量 ミネラル DHA/EPA カロリー
ピュリナ ワン キャット
優しく腎臓の健康サポート 11歳以上 チキン
タンパク質:36%以上 リン:0.9%
ナトリウム:不明
DHA:0.03% 360kcal/100g
ジェーピースタイル
腎臓の健康維持サポート お魚風味
タンパク質:27%以上ミネラルが低いですが詳細が不明です。 リン:約35%減(※)
ナトリウム:約30%減(※)
※JP和の究み1歳から遊び盛りの成猫用との比較
配合
(配合量不明)
360kcal/100g
ドクターズケア (Dr’s CARE) 療法食
キドニーケアフィッシュテイスト 猫用
タンパク質が23.5%以上 リン:0.3%以上
ナトリウム:0.2%以上
不明 423kcal/100g
ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート
ドライ 猫用(セレクション)
タンパク質23.8% リン:0.40g
ナトリウム:0.44g
EPA+DHA:399 mg 423kcal/100g

以上は腎臓用の一般食と治療食の一部です。

動物病院で腎不全と診断を受けている場合は主治医の指示をしっかり聞き、定期的に検査を受けながら治療を進めてください。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

8歳のMIXメスを飼っています。定期健診でのBUNの値が高く、療法食に切り替えている途中です。おやつは何かあげていいものはありますか?煮干しはあげていいですか?
煮干しはあげないほうが良いでしょう

腎不全の食事は「低タンパク」「リン・ナトリウム・カリウム」の制限です。

残念ながら煮干しはあげないほうが良いでしょう。

最近は、腎臓の悪い猫用のおやつがありますので、利用されるのもよいと思います。

市販のものならば、「銀のスプーン ハッピークランチ 腎臓の健康維持用」(規定量を守ってください)、イモ類・果物・野菜はあげていただいても大丈夫です。

肉類・乳製品・魚加工品などはNGです。

「強制給餌」とは何ですか?どんな時に行わなければならないでしょうか?
自主的に食べない場合に行う給餌方法です

強制給餌はどうしても自主的に食べない場合に行います。

流動食のように柔らかくしたフードを強制給餌用のシリンジに入れて食べさせます。

舌を動かし飲み込んでいるのを確認しながらゆっくり入れていくのがコツです。

急ぐと誤嚥し、肺炎を起こすこともあるので十分に注意してください。

猫は3日食べないと肝リピドーシスを起こします。

肝リピドーシスとは、太り気味の猫が3日以上絶食状態になった時に起こりやすく、肝臓に脂肪が異常に溜まり食欲不振・元気消失・黄疸といった症状が現れる肝疾患です。

食べないのは3日が限度です。3日目以降は強制給餌を行います。

7歳の去勢済みオスを飼っています。今のところ元気なのですが、もし腎臓にトラブルが出てしまった場合はなるべく早期発見してあげたいと思っています。日ごろどんなことに気を付ければ気づいてあげられるでしょうか?
「飲水量の増加」「尿量増加」「脱水」に注意

腎不全の初期症状の中でも要チェックは「飲水量の増加」「尿量増加」「脱水」です。

まず、飲水量の増加が起こりますのでここに注目してください。

また、7歳を超えると症状がなくても、腎臓の機能が徐々に落ちていきますので、早めにシニア用のフードに変更されることをお勧めします。

定期健診で腎臓が悪いと聞き、生活を見直しています。今までずっと部屋においていた猫草は大丈夫ですか?
大きな影響は心配ありません

腎臓が悪い猫が猫草を食べても大きな影響はありません。

腎不全が進行すると吐き気が出やすくなりますが、そのような状態で猫草を食べるとさらに嘔吐がひどくなることもありますので状態に合わせてください。

まとめ

元気が一番腎不全の猫は7歳を超えると肝不全になるリスクが急激に高くなります。

腎臓が悪い猫ちゃんには、

  • 高カロリー
  • 低タンパク
  • リン・ナトリウム制限
  • オメガ3脂肪酸(DHA/EPA)含有

に考慮したキャットフードを選んであげてください。

腎不全の猫にとってどのフードを食べるかはとても重要ですので、その子に合ったキャットフードを選び、いつまでも元気に健やかな毎日を送れるようにしてあげましょう。

ドッグフードペディアの結論

猫の腎臓病予防・改善には「ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 猫用」がおすすめ!

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 猫用ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 猫用は一般食ではなく、腎不全の猫のための治療食です。

腎臓病に伴う尿毒症やタンパク尿に配慮し、高消化性で低タンパク質に調整してあります。
さらに、リン・ナトリウム制限し、オメガ3脂肪酸をしっかり含む腎不全治療のためのキャットフードです。
Amazonでご購入はこちら>>

よく読まれている記事