1. ホーム
  2. キャットフード150商品を辛口採点
  3. ≫カナガンキャットフード 星5つ ★★★★★

カナガンキャットフード 星5つ ★★★★★


カナガンキャットフードの総合評価  星5個
とても良いキャットフードです。

その理由を解説します。

カナガンキャットフード

価格 1.5kg 3,960円+税
原産国 イギリス

カナガンキャットフードは、プレミアムキャットフードの売上No.1の実績に加え、「100%の猫が食べた・喜んで食べた」という驚異的なモニター結果を叩き出している、通販限定の人気キャットフードです。獣医師も推薦している最高級フードとのことですが、内容は猫にとって、飼い主にとって、本当に安心できるキャットフードなのでしょうか?キャットフードペディアの基準で厳しくチェックした結果、なんとランキング1位に!

カナガン公式サイトはこちらから

キャットフードペディアのチェック基準に基づき、原材料や原産国、価格の適正さなどを厳しく採点した結果、

カナガンキャットフードの採点結果

総合評価は星5個 星5個
96点/100点満点中
原材料の品質と価格のバランス、購入しやすさ、どれも安心度は最高レベル

96点という、全150を超えるキャットフードの第1位にランクインするスコアになりました。その理由を詳しく解説していきます。

カナガンキャットフードの購入を検討する際に気になる点をしっかりチェックしましたので、キャットフード選びの参考にしてください。

カナガンキャットフードの原材料を徹底分析!

カナガンキャットフードには、以下の原材料が使用されています。先頭にくるのが最も多く使用されているものなので、注意して確認していきましょう。

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

原材料の採点結果 (※ 下の項目1~5の合計得点)
星5個 50/50点

150以上の商品をチェックした結果、50点満点を獲得できたのはカナガンキャットフードのみです。

原材料の先頭には、「乾燥チキン35.5%」の表記があります。これは、肉の種類・配合量ともに明らかになっていて非常に安心な表記です。通常、「肉類」など、動物の種類も配合量も明らかでないフードが多いので、ここまで明記されていると、出だしから非常に信頼感をもてます。

不安な添加物(人工の危険な防腐剤や、本来猫の食欲には不要な着色料など)は一切使用されていないので、安心です。キャットフードの劣化を防ぐ酸化防止剤としては、ビタミンEの混合物である「ミックストコフェロール」が使用されていますが、これには健康への害はありません。

続いて、それぞれの内容を詳しく採点していきます。

1.肉のグレードは十分高いか

採点結果 星5個 10/10点

ヒューマングレード(人間も食べられる品質)か
5/5点
カナガンキャットフードはヒューマングレードのイギリス産原材料のみを使用しているようです。「人間も食べられるほど高品質で新鮮なものを厳選」と記載があります。

単一タンパク源(1種類の肉しか使用していない)か
5/5点
タンパク源はチキンで、「乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%」と記載があります。チキンの中でも、ストレスなく健康に育てられた平飼いチキンに限定されており、栄養価が高くおいしい肉が使用されているようです。合計60%以上の肉が使用されているキャットフードは、意外にもほとんど市場で見つかりません。偏食の猫ちゃんには、この肉たっぷりの香りが非常に食欲をそそり、高い食いつき実績を誇るひとつのファクターになっているようです。

・「人間も食べられるレベルの原材料を使用しています」の記載があれば○です。
・1種類の肉しか使用せず、犬の体質や好みに合わせて選びやすいものが○です。


2.粗悪な原料「ミール・ミート」を使用していないか

採点結果 星5個 10/10点
「ミール」「ミート」とは、人間の食肉としては市場に流通しない、廃棄される寸前のくず肉のことです。カナガンキャットフードには、このような質の低い原材料は一切使用されていないので、大切な猫の食事として安心です。

・「骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%」「鶏脂」等、内容がはっきりわかる記載が○です。
・「ミール」「ミート」「動物性脂肪」の表記は×です。


3.グレインフリー(穀物不使用)か

採点結果 星5個 10/10点
カナガンはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードとなっており、糖質源には猫の胃腸に優しく血糖値の急上昇を防ぐ低GI食品「サツマイモ」が使用されています。特に肥満の気になる猫に適しています。また、小麦を一切使用していないので、穀物の消化不良によるアレルギーへの心配が大きく低減されています。

・原材料の第1位(もっとも配合量の多い材料)には、穀類ではなく肉が記載されているのが○です。
・トウモロコシ、小麦、コメは犬の穀物アレルギーを引き起こしやすいのでXです。
・玄米、大麦、オーツ麦は△です。
・猫の糖質源には、サツマイモのような低GI食品が○です。


4.危険な添加物を使用していないか

採点結果 星5個 10/10点
危険な人工の保存料、防腐剤、着色料、香料などは一切使用されていません。キャットフードが傷むのを防ぐ酸化防止剤には、ミックストコフェロール(ビタミンE)が使用されています。原材料の品質が非常に高いため、特に味付けや香りづけをしなくても食いつきがよいようです。

・食いつきを促す香料や着色料は、肉の品質が悪くおいしくないために追加されるので、×です。
・酸化防止剤はマリーゴールド等の天然由来成分が○です。
・酸化防止剤に化学物質、特に最も危険と言われるBHA・BHTが使用されているのは×です。


5.健康に役立つケア成分が配合されているか

採点結果 星5個 10/10点
カナガンは、プレミアムキャットフードの中でもトップクラスに健康ケア成分が充実しています。フードを食べるだけでサプリ並みの栄養を摂ることができそうです。
カナガンに配合されている健康成分
・毛並みをよくし、皮膚の健康を保つ鶏脂
・DHA・EPAの豊富なサーモンオイル
・尿路の健康を保つマリーゴール、クランベリー
・甲状腺を補助するヨウ素を含む海藻
・ストレスを軽減しリラックス効果のあるカモミール
・腸内環境を整えるリンゴ、フラクトオリゴ糖
・鉄分豊富なほうれん草
・抗酸化作用の高いニンジン
・食欲を増進させるハーブであるセイヨウハッカ、アニスの実

次のような成分が配合されているものが○です。
・尿路の健康に配慮した成分
・腸内環境をよくする成分
・毛並みや皮膚、血管を健康に保つオメガ3脂肪酸



以上の内容をふまえるとなんとキャットフードペディア初の50満点です。これまで150以上の商品をチェックしてきましたが、50点満点をとったフードは他にありませんでした。単に品質の高い原材料を使用しているだけでなく、猫の健康を第一に考えて設計されているのが伝わってきます。

カナガン公式サイトはこちらから

続いて、価格や原産国、購入しやすさなどの細かいポイントをチェックして、総合的な採点スコアを出していきます。

キャットフードペディアによる全採点項目(各10点満点 合計100点満点)

1. 肉のグレードは十分高いか・・・慢性疾患の予防や毛並みのために必須。
2. 粗悪な原料を使用していないか・・・質の悪い肉は毛並みトラブル・アレルギーの原因になりNG。
3. グレインフリー(穀物不使用)か・・・安価な穀物でかさ増しをしていないか。
4. 無添加(危険な添加物不使用)か・・・皮膚や便のトラブル、がんの原因となる危険な添加物はNG。
5. 健康に役立つケア成分が配合されているか・・・毛並み、尿路、腸内ケア成分は必須。
6. 適正価格であるか・・・安すぎるもの、高すぎるもの共にNG。
7. 原産国に心配はないか・・・動物愛護の先進国で生産されているか。
8. 工場の品質管理に心配はないか・・・安全基準を満たす工場での生産は必須。
9. 信頼できる実績があるか・・・食いつきや満足度のデータは必須。
10. 購入しやすく、便利か・・・長く与え続けるために本音でチェック。

6.適正価格であるか

採点結果 星3個 6/10点
カナガンキャットフードの価格は以下のようになっており、キャットフードペディア基準の安全・安心なキャットフードの適正価格と比較するとちょうどいい価格のキャットフードであるといえます。

価格:1.5kg 3,960円+税
1kgあたり(税抜):2,640円
1日あたり(体重3kgの猫):106円

品質と価格のバランスがとれた、もっとも適正な価格帯に収まっています。これ以上安いと原材料の質が心配ですし、高すぎても毎日の食事として続けるのが難しくなってしまいます。原材料の採点結果で50点満点をとっている高品質のフードとしては、むしろ格安といってもいいと思います。

次の価格が安心・安全なキャットフードの適正価格です。
・1kgあたり:約2,400~2,800円
・1日あたり(体重3kgの猫):約110円


7.原産国に心配はないか

採点結果 星5個 10/10点
動物愛護の精神が世界一進んでいると言われるイギリスが原産国なので、安心です。
 

・ヨーロッパ、アメリカは動物愛護の先進国なので○です。
・中国産は以前に異物混入事件があったため×です。
・日本、その他の外国は△です。


8.工場の品質管理に心配はないか

採点結果 星5個 10/10点
国際規格「SAI GROBAL」のランクAを取得している、イギリス・ランカシャー州に所在する「GAペットフード・パートナーズ社」で受注生産され、直輸入されています。工場の所在地や社名を消費者が知ることができるペットフードはほとんどないので、品質管理の面でも非常に安心です。

・ISO認定、SAI規格などの品質管理基準を導入している工場が○です。
・原材料にトレーサビリティがあるのが○です。


9. 信頼できる実績があるか

採点結果 星4個 8/10点
20名30日間のモニター調査を行ったところ、「85%の猫が食べた」+「15%の猫が喜んで食べた」=「100%の猫が食べた」という結果になったそうです。偏食やおやつに頼っていた子がドライフードで暮らせるようになったという口コミが多数あり、事前の評判として安心できるデータが出されています。受賞歴は調査時点では特になかったので、マイナス2点です。

・自社で行ったモニター調査の結果(食いつき、便の改善度、飼い主の満足度など)を公表しているメーカーが○です。
・ペットフードオブザイヤー、モンドセレクションなどの受賞をしているものが○です。



10. 購入しやすさは?

採点結果 星4個 8/10点
販売場所が多く、支払い方法も多数用意されているため、購入しやすいといえます。

公式通販はあるか
2/2点
公式通販があります。買い忘れを防げるほか、割引やプレゼントもあり、カナガンキャットフードを最安値で購入できます。他のメーカーにない電話相談システムの充実も好評のようです。

定期購入制度はあるか
2/2点
定期購入制度があります。毎回最大20%オフ(1袋3,960円+税 →3,168円+税)での購入ができ、非常にお得です。

支払い方法が多く便利か
1/2点 
クレジットカードと代金引換(代引)にて購入できます。コンビニ払いがないのでマイナス1点です。

送料無料制度はあるか
2/2点
5,000円以上購入で送料無料になり、便利です。5,000円未満の場合、全国一律で420円の送料がかかります。

Amazon・楽天に出店しているか
1/2点 
Amazonで販売されています。しかし、公式通販で3,960円+税(税込4,277円)で買えるのに対し、Amazonでは4,730円と500円近く高額だったので、公式通販で購入した方がお得です。また、現在Amazon定期便では購入できないので、買い忘れを防ぎたい人にも不向きです。楽天では販売されていません。

・いいものを毎日長く続けてもらうために、購入しやすい環境を整えてあるのが○です。



カナガンキャットフードの総合評価

1~10の採点の結果、

日本で買えるキャットフード堂々1位にランクイン!

総合評価は 星5個 星5個
100点満点中 96点

原材料の品質と価格のバランス、購入しやすさ、どれも安心度最高レベル


カナガンキャットフードはもともと評判のいいキャットフードですが、キャットフードペディアのチェック結果でも全商品の最高得点を記録する96点となり、安心しておすすめできるキャットフードとなりました。

カナガンキャットフード特に、猫の食いつきや偏食、ドライフードが苦手といった食事の好みで悩んでいるご家庭には、一度試してほしいフードです。全年齢対応の総合栄養食ですので、年齢ごとの切り替えの負担がなく、子猫からシニアまで長く健康のためにあげることができるのも安心です。

唯一の不満をあげる気になるのは店頭販売がなく、通販で1袋買わないと試せない点ですが、これは天然由来の最低限の酸化防止剤のみでフードの劣化を防ぐために受注生産・直輸入を行っているためとのことで、健康に悪い添加物を便利さと引き換えに食べさせてしまうリスクに比べれば、仕方ないかなという気がします。

代わりに「100%の猫が食べた」というモニター結果が示されているので、「悩んだらまずカナガン」と思って間違いないでしょう。

カナガン公式サイトはこちらから

よく読まれている記事