1. ホーム
  2. キャットフード150商品を辛口採点
  3. ≫ファインペッツキャットフード 星4つ ★★★★☆

ファインペッツキャットフード 星4つ ★★★★☆


ファインペッツキャットフードの総合評価  星4個
まあまあ良いキャットフードです。

その理由を解説します。

ファインペッツキャットフード

価格 1㎏ 2,286円(税抜)
原産国 オランダ

ファインペッツキャットフードは、猫が本当に必要としている栄養は、給餌量を調節することで、すべての猫種、猫齢に合うというコンセプトにより作られています。そのため、FINEPET’Sキャットフードは、たった1種類のキャットフード(グロース&メンテナンス)しかなく、その1種類ですべての猫種、年齢に合うように作られているとされていますが、果たして本当に安心できるキャットフードなのでしょうか。

キャットフードペディアのチェック基準に基づき、原材料や原産国、価格の適正さなどを厳しく採点した結果、

ファインペッツキャットフードの採点結果

総合評価は星4個 星4個
69点/100点満点中
アレルギーのない猫であれば、品質は安心できるでしょう。

となり、まあまあ良いという結果でした。その理由を詳しく解説していきます。

ファインペッツキャットフード公式サイトはこちらから

ファインペッツキャットフードの購入を検討する際に気になる点をしっかりチェックしましたので、キャットフード選びの参考にしてください。

ファインペッツキャットフードの原材料を徹底分析!

ファインペッツキャットフードには、以下の原材料が使用されています。先頭にくるのが最も多く使用されているものなので、注意して確認していきましょう。

アヒル肉、ニシン、全粒米、ポテト、鶏脂、フレッシュサーモンオイル、鶏肉、チコリ、グリーンピース、鶏レバー、植物性繊維質(豆類由来)、ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、イノシトール、ビタミンA、チアミン、Dパントテン酸カルシウム、ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンK、ベータカロチン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ユッカシジゲラ、マンガンオリゴ糖、ボリジオイル、フラックスシード、Lカルニチン、イヌリン、プロバイオティクス

原材料の採点結果 (※ 下の項目1~5の合計得点)
星3個 39/50点

ファインペッツキャットフードの場合、アヒル肉が主たる原料になっており、十分にタンパク質を摂れるので肉食の猫の食事として適しています。肉の種類も明らかなので安心です。

酸化防止剤としてビタミンEが使用されていますが、天然成分ですので安全だといえます。

続いて、それぞれの内容を詳しく採点していきます。

1.肉のグレードは十分高いか

採点結果 星3個 5/10点

ヒューマングレード(人間も食べられる品質)か
5/5点
ヒューマングレードの表示があります。

単一タンパク源(1種類の肉しか使用していない)か
0/5点
アヒル肉、ニシン、鶏肉、鶏レバー、が使用されています。中には肉の種類にアレルギーを持つ子もいますので、タンパク源には2種類までが適切です。

・「人間も食べられるレベルの原材料を使用しています」の記載があれば○です。
・1種類の肉しか使用せず、犬の体質や好みに合わせて選びやすいものが○です。


2.粗悪な原料「ミール・ミート」を使用していないか

採点結果 星5個 10/10点
粗悪な原料であるミール・ミートは使用していません。

・「骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%」「鶏脂」等、内容がはっきりわかる記載が○です。
・「ミール」「ミート」「動物性脂肪」の表記は×です。


3.グレインフリー(穀物不使用)か

採点結果 星2個 4/10点
全粒米が使用されています。米は穀物の中でも特にアレルギーを引き起こしやすく、消化不良の原因になり良くありません。

・原材料の第1位(もっとも配合量の多い材料)には、穀類ではなく肉が記載されているのが○です。
・トウモロコシ、小麦、コメは犬の穀物アレルギーを引き起こしやすいのでXです。
・玄米、大麦、オーツ麦は△です。
・猫の糖質源には、サツマイモのような低GI食品が○です。


4.危険な添加物を使用していないか

採点結果 星5個 10/10点
酸化防止剤としてビタミンEが使用されていますが、天然成分ですので安全だといえます。

・食いつきを促す香料や着色料は、肉の品質が悪くおいしくないために追加されるので、×です。
・酸化防止剤はマリーゴールド等の天然由来成分が○です。
・酸化防止剤に化学物質、特に最も危険と言われるBHA・BHTが使用されているのは×です。


5.健康に役立つケア成分が配合されているか

採点結果 星5個 10/10点
毛並みを良くするビオチン、DHA、尿路の健康を保つメチオニン、腸内環境改善のためにチコリ、マンガンオリゴ糖、イヌリン、プロバイオティクスが配合されています。

次のような成分が配合されているものが○です。
・尿路の健康に配慮した成分
・腸内環境をよくする成分
・毛並みや皮膚、血管を健康に保つオメガ3脂肪酸



以上の内容をふまえるとファインペッツキャットフードは肉や添加物についてはチェック基準をクリアしているのですが、アレルギー症状(下痢や皮膚炎など)がある猫ちゃんには適さない可能性があります。
ファインペッツキャットフード公式サイトはこちらから

続いて、価格や原産国、購入しやすさなどの細かいポイントをチェックして、総合的な採点スコアを出していきます。

キャットフードペディアによる全採点項目(各10点満点 合計100点満点)

1. 肉のグレードは十分高いか・・・慢性疾患の予防や毛並みのために必須。
2. 粗悪な原料を使用していないか・・・質の悪い肉は毛並みトラブル・アレルギーの原因になりNG。
3. グレインフリー(穀物不使用)か・・・安価な穀物でかさ増しをしていないか。
4. 無添加(危険な添加物不使用)か・・・皮膚や便のトラブル、がんの原因となる危険な添加物はNG。
5. 健康に役立つケア成分が配合されているか・・・毛並み、尿路、腸内ケア成分は必須。
6. 適正価格であるか・・・安すぎるもの、高すぎるもの共にNG。
7. 原産国に心配はないか・・・動物愛護の先進国で生産されているか。
8. 工場の品質管理に心配はないか・・・安全基準を満たす工場での生産は必須。
9. 信頼できる実績があるか・・・食いつきや満足度のデータは必須。
10. 購入しやすく、便利か・・・長く与え続けるために本音でチェック。

6.適正価格であるか

採点結果 星3個 6/10点
ファインペッツキャットフードの価格は以下のようになっており、キャットフードペディア基準の安全・安心なキャットフードの適正価格と比較するとやや安いキャットフードであるといえます。

価格:1㎏ 2,286円(税抜)
1kgあたり(税抜):2,286円
1日あたり(体重3kgの猫):69円

ほぼ適正価格範囲です。

次の価格が安心・安全なキャットフードの適正価格です。
・1kgあたり:約2,400~2,800円
・1日あたり(体重3kgの猫):約110円


7.原産国に心配はないか

採点結果 星5個 10/10点
オランダ産ですので、安全だといえます。
 

・ヨーロッパ、アメリカは動物愛護の先進国なので○です。
・中国産は以前に異物混入事件があったため×です。
・日本、その他の外国は△です。


8.工場の品質管理に心配はないか

採点結果 星05個 0/10点
原材料のトレーサビリティや工場での品質管理基準については明らかになっておらず、安全面ではランキング上位のキャットフードに劣ります。

・ISO認定、SAI規格などの品質管理基準を導入している工場が○です。
・原材料にトレーサビリティがあるのが○です。


9. 信頼できる実績があるか

採点結果 星4個 8/10点
モニターの公表があります。記事数も多く、評判も良いようです。受賞歴はありません。

・自社で行ったモニター調査の結果(食いつき、便の改善度、飼い主の満足度など)を公表しているメーカーが○です。
・ペットフードオブザイヤー、モンドセレクションなどの受賞をしているものが○です。


10. 購入しやすさは?

採点結果 星3個 6/10点
販売場所、支払方法などの点でやや購入しにくい部分があります。

公式通販はあるか
2/2点
公式通販はあります。

定期購入制度はあるか
2/2点
定期購入制度はあります。Amazon定期便は現在取り扱いがありません。

支払い方法が多く便利か
1/2点 
クレジットカード、代金引換が利用できます。

送料無料制度はあるか
1/2点
3㎏以上の購入で送料無料です。(6,858円(税抜))

Amazon・楽天に出店しているか
0/2点 
Amazon、楽天への出店はありません。

・いいものを毎日長く続けてもらうために、購入しやすい環境を整えてあるのが○です。


ファインペッツキャットフードの総合評価

1~10の採点の結果、

下痢・皮膚炎のある子には不向き

総合評価は 星4個 星4個
100点満点中 69点

全体的な品質は高いですが、穀物が使用されているのでアレルギーのない猫ならばOK。


ファインペッツキャットフードファインペッツキャットフードは、原料に粗悪な材料やて危険な添加物などを使用せず、ヒューマングレードとなっています。

また、安心して購入できる公式通販、定期購入制度があります。モニター結果の公表もあるため、実際に与えた感想が読めることも魅力です。

しかし、タンパク源の種類が多いことや、穀類の使用があること、安全面の公表がないことが、ランキング上位のキャットフードに劣ります。品質は悪くないといえますので、与えていて問題がなければ特に変える必要はありません。しかし、アレルギーのある猫や、胃腸の弱い猫には適さない内容といえます。

ファインペッツキャットフード公式サイトはこちらから

下痢や皮膚炎のようなトラブルのある猫は、アレルギーの可能性があります。そのような猫にはファインペッツはおすすめできません。タンパク源には2種類までを使用し、グレインフリーの内容のフードをおすすめします。また、各種安全面の公表があると、より安心して愛猫にフードを与えられます。フードの切り替えを検討の方は、安心安全ランキング上位のキャットフードの選択をおすすめします。現在、ランキング1位はイギリス製のカナガンキャットフードとなっています。

よく読まれている記事