1. ホーム
  2. キャットフード150商品を辛口採点
  3. ≫ジャガー(JAGUAR)キャットフード 星4つ ★★★★☆

ジャガー(JAGUAR)キャットフード 星4つ ★★★★☆


ジャガー(JAGUAR)キャットフードの総合評価  星4個
まあまあ良いキャットフードです。

その理由を解説します。

ジャガー(JAGUAR)キャットフード

価格 1.5kg 4,280円+税(公式サイト)
原産国 イギリス

ジャガーキャットフードは「手の届く贅沢」「いつも隣にある贅沢」をキャッチコピーとした、プレミアムキャットフードです。原材料が高品質である他、猫の健康のためにサプリ成分がかなり加えられているようです。果たして本当に安心できるキャットフードなのか、キャットフードペディアの基準で厳しくチェックしました。

ジャガーキャットフード公式サイトはこちらから

キャットフードペディアのチェック基準に基づき、原材料や原産国、価格の適正さなどを厳しく採点した結果、

ジャガー(JAGUAR)キャットフードの採点結果

総合評価は星4個 星4個
76点/100点満点中
高価格なのが一番のネック。同じくらい品質の高いキャットフードはカナガンキャットフードで実現されているので、あえてジャガーでなくてもいいかも。

という結果になりました。その理由を詳しく解説していきます。

ジャガー(JAGUAR)キャットフードの購入を検討する際に気になる点をしっかりチェックしましたので、キャットフード選びの参考にしてください。

ジャガー(JAGUAR)キャットフードの原材料を徹底分析!

ジャガー(JAGUAR)キャットフードには、以下の原材料が使用されています。先頭にくるのが最も多く使用されているものなので、注意して確認していきましょう。

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティクス

原材料の採点結果 (※ 下の項目1~5の合計得点)
星4個 45/50点

ジャガーキャットフードは、原材料の先頭に「骨抜きチキン生肉・鴨生肉」と記載があります。これは、完全肉食動物である猫の食事として適していますし、原材料が新鮮であることも伺えて信頼できる表記です。

保存料には、ミックストコフェロール(ビタミンE)のみを使用しているようです。発がん性のある人工の酸化防止剤や着色料、香料などは一切使用されていないので、不安はありません。

続いて、それぞれの内容を詳しく採点していきます。

1.肉のグレードは十分高いか

採点結果 星3個 5/10点

ヒューマングレード(人間も食べられる品質)か
5/5点
「人間が食べてもよい」の表記があり、ヒューマングレード商品のようで安心です。

単一タンパク源(1種類の肉しか使用していない)か
0/5点
たんぱく源には、チキン、鴨、サーモン、マスとさまざまな肉・魚が使用されています。内容が明らかなだけまだよいのですが、下痢や皮膚炎といったアレルギー症状を起こしやすい猫ちゃんの場合、キャットフードのうちの何に反応してしまっているのか、複数のタンパク源が使用されていると発見しにくく、困ることがあります。その面で、減点となりました。

・「人間も食べられるレベルの原材料を使用しています」の記載があれば○です。
・1種類の肉しか使用せず、犬の体質や好みに合わせて選びやすいものが○です。


2.粗悪な原料「ミール・ミート」を使用していないか

採点結果 星5個 10/10点
不安な品質の原材料は使用されていませんでした。「贅沢」をうたう商品だけあり、原材料の品質はとても高いようです。

・「骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%」「鶏脂」等、内容がはっきりわかる記載が○です。
・「ミール」「ミート」「動物性脂肪」の表記は×です。


3.グレインフリー(穀物不使用)か

採点結果 星5個 10/10点
猫のアレルギーや消化不良の原因になりやすい穀物は使用されていないので、安心です。糖質源としては、じゃがいも、サツマイモが中心になっています。血糖値を上げにくい食品です。

・原材料の第1位(もっとも配合量の多い材料)には、穀類ではなく肉が記載されているのが○です。
・トウモロコシ、小麦、コメは犬の穀物アレルギーを引き起こしやすいのでXです。
・玄米、大麦、オーツ麦は△です。
・猫の糖質源には、サツマイモのような低GI食品が○です。


4.危険な添加物を使用していないか

採点結果 星5個 10/10点
保存料としては、天然のミックストコフェロール(ビタミンE)しか使用されていないようです。香りがよいとの表記がありますが、原材料が発する匂いだけのようで、香料の記載はないので安心です。

・食いつきを促す香料や着色料は、肉の品質が悪くおいしくないために追加されるので、×です。
・酸化防止剤はマリーゴールド等の天然由来成分が○です。
・酸化防止剤に化学物質、特に最も危険と言われるBHA・BHTが使用されているのは×です。


5.健康に役立つケア成分が配合されているか

採点結果 星5個 10/10点
毛並みをよくするサーモンオイル、尿路の健康を保つクランベリー、腸内環境改善のためのプロバイオティクスが配合されており、猫の健康維持に必要なものはすべてそろっています。その他、他のフードでは見られない緑茶や生姜、朝鮮人参といったサプリメント成分も配合されており、これが高価格帯の理由ではないかと考えられます。

次のような成分が配合されているものが○です。
・尿路の健康に配慮した成分
・腸内環境をよくする成分
・毛並みや皮膚、血管を健康に保つオメガ3脂肪酸



以上の内容をふまえるとジャガーキャットフードは贅沢な原材料を使用したキャットフードなのですが、使用しているタンパク質の種類が多いため、アレルギー症状の出やすい猫ちゃんには注意が必要という評価になります。

ジャガーキャットフード公式サイトはこちらから

続いて、価格や原産国、購入しやすさなどの細かいポイントをチェックして、総合的な採点スコアを出していきます。

キャットフードペディアによる全採点項目(各10点満点 合計100点満点)

1. 肉のグレードは十分高いか・・・慢性疾患の予防や毛並みのために必須。
2. 粗悪な原料を使用していないか・・・質の悪い肉は毛並みトラブル・アレルギーの原因になりNG。
3. グレインフリー(穀物不使用)か・・・安価な穀物でかさ増しをしていないか。
4. 無添加(危険な添加物不使用)か・・・皮膚や便のトラブル、がんの原因となる危険な添加物はNG。
5. 健康に役立つケア成分が配合されているか・・・毛並み、尿路、腸内ケア成分は必須。
6. 適正価格であるか・・・安すぎるもの、高すぎるもの共にNG。
7. 原産国に心配はないか・・・動物愛護の先進国で生産されているか。
8. 工場の品質管理に心配はないか・・・安全基準を満たす工場での生産は必須。
9. 信頼できる実績があるか・・・食いつきや満足度のデータは必須。
10. 購入しやすく、便利か・・・長く与え続けるために本音でチェック。

6.適正価格であるか

採点結果 星3個 6/10点
ジャガー(JAGUAR)キャットフードの価格は以下のようになっており、キャットフードペディア基準の安全・安心なキャットフードの適正価格と比較すると高すぎるキャットフードであるといえます。

価格:1.5kg 4,280円+税(公式サイト)
1kgあたり(税抜):2,853円
1日あたり(体重3kgの猫):129円

キャットフードペディア基準の適正価格より割高です。「手の届く贅沢」というキャッチフレーズは非常に魅力的ですが、お財布事情を見ると厳しく感じる方が多いのではないでしょうか。

次の価格が安心・安全なキャットフードの適正価格です。
・1kgあたり:約2,400~2,800円
・1日あたり(体重3kgの猫):約110円


7.原産国に心配はないか

採点結果 星5個 10/10点
世界一のペット愛護先進国と言われるイギリス産ですので、安心です。
 

・ヨーロッパ、アメリカは動物愛護の先進国なので○です。
・中国産は以前に異物混入事件があったため×です。
・日本、その他の外国は△です。


8.工場の品質管理に心配はないか

採点結果 星3個 5/10点
メーカーは「エッセンシャルフーズ」社で、「イギリスにある工場」での生産の旨のみ表示されています。クリアしている安全基準については明らかにされていませんでしたので、5点減点しました。原材料のトレーサビリティは実施されています。

・ISO認定、SAI規格などの品質管理基準を導入している工場が○です。
・原材料にトレーサビリティがあるのが○です。


9. 信頼できる実績があるか

採点結果 星05個 0/10点
「〇%の猫ちゃんが食べた」といった、統計的な数字が出ておらず、公式サイトでの感想も件数が少なかったので、実力がしっかり反映された口コミ情報を得ることはできませんでした。食いつきパーセンテージの数字が「100%の猫が食べた!」と明記されているカナガンキャットフードの方が、信頼感がもてます。

・自社で行ったモニター調査の結果(食いつき、便の改善度、飼い主の満足度など)を公表しているメーカーが○です。
・ペットフードオブザイヤー、モンドセレクションなどの受賞をしているものが○です。


10. 購入しやすさは?

採点結果 星4個 8/10点
販売場所が多く、支払い方法も多数用意されているため、購入しやすいといえます。

公式通販はあるか
2/2点
公式通販があります。 →ジャガー公式通販サイトへ

定期購入制度はあるか
2/2点
公式サイトで定期購入制度があります。1袋ごとの定期購入で定価の10%オフ、20,000円以上まとめての定期購入で定価の20%オフと大幅な割引があるので、1袋試して「これ!」と決まった方には定期コースがお得です。Amazon定期便は現在対応していません。

支払い方法が多く便利か
1/2点 
クレジットカード払い、代引(代金引換)が使用できますが、コンビニ払いがないのでマイナス1点です。5,000円(税抜)以上の購入で代引手数料が無料になるそうです。

送料無料制度はあるか
2/2点
5,000円(税抜)以上の購入で送料が無料になります。

Amazon・楽天に出店しているか
1/2点 
Amazonに出店されていますが、5,075円と公式サイトより割高ですし、温度管理などの面でも公式サイトからの購入が安心なので、おすすめしていません。楽天での販売は調査時点ではありませんでした。

・いいものを毎日長く続けてもらうために、購入しやすい環境を整えてあるのが○です。


ジャガー(JAGUAR)キャットフードの総合評価

1~10の採点の結果、

ハイグレードなフードだが、同程度の品質で割安なカナガンの勝ち

総合評価は 星4個 星4個
100点満点中 76点

高価格なのが一番のネック。同じくらい品質の高いキャットフードはカナガンキャットフードで実現されているので、あえてこれでなくてもいいかも。


ジャガー(JAGUAR)キャットフードジャガーキャットフードはペットを「大切なパートナー」と考え、手の届く贅沢を実現したキャットフードとの触れ書きで発売されていますが、やはり毎日食べさせることを考えると割高に感じました。

そのコンセプトには非常に共感できるのですが… 

ジャガーと同じ人間も食べられるクオリティの原材料を使用しており、食いつきや評判・口コミのデータも十分に集まっているカナガンキャットフードの方が割安ですし、安心しておすすめできる商品です。

1日あたりで比べると、ジャガーは129円、カナガンは106円と、20%ほど高額です。毎日、十数年間与え続けることを考えると、わざわざジャガーでなくても…というのが、内容をチェックしての感想でした。

ジャガーキャットフード公式サイトはこちらから

猫ちゃんの健康にも、飼い主さんの購入しやすさも、よいキャットフードの大切な条件です。現在のところ、迷っている飼い主さんにおすすめなのはジャガーキャットフードより、ランキング1位のカナガンキャットフードだという結果になりました。

よく読まれている記事