1. ホーム
  2. 失敗しないための最短コース
  3. ≫安心できるキャットフードの選び方3つのポイント

安心できるキャットフードの選び方3つのポイント


普段、猫ちゃんのごはん、キャットフードはどのように選んでいますか?この記事では、キャットフードを選ぶ際にチェックしたほうがいい3つのポイントをお教えします。

  • どんなフードがよいフードなのか?
  • 今のフードで大丈夫なんだろうか?
  • 切り替えのタイミングだから見直してみたい
  • 食いつきや体調の不安がある
  • シニアになったのでいいものをあげたい

のようなキャットフード探しをしている方へのおすすめを紹介します。

キャットフードの中には「エサらしき形はしているが、中身はくず肉」というものが存在しています。そのようなフードがあるのはショッキングなだけでなく、長年猫ちゃんに与え続けてしまうと、有害な物質や栄養の過不足のせいで体調を崩してしまうおそれもあります。

そのような不安なフードに当たらないよう、飼い主さんにもぜひ参考にしていただけたらと思います。

安心なキャットフードを見分けるコツ1 グレインフリーが○

「グレインフリー」とは、穀物(グレイン)を使用していないという意味です。猫は本来肉食の動物ですので、穀物はわざわざ主食にはしない習性です。まったく食べられないわけではありませんが、穀物の消化酵素「アミラーゼ」をもっていないため、消化不良やアレルギーを起こしがちになります。

特に猫は犬と比べて炭水化物を消化吸収する能力が低い動物ですので、意識して穀物を多く使用しているフードを避ける必要があります。

チェックポイントは原材料表の先頭!

注意するのは「原材料表」のいちばん先頭に書かれている食材名です。ここには、キャットフードに使われている原料のうち、もっとも量の多いものが書かれています。ここに

  • トウモロコシ
  • コムギ
  • コメ

などの穀類が書かれているものは避けましょう。

NGな原材料表の例
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉) 、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等) 、豆類(脱脂大豆)、動物性油脂、ミネラル類、アミノ酸類、ビタミン類、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号) 、酸化防止剤(BHA、BHT)


原材料表の先頭には、「鶏肉30%」のように、肉の種類や割合が明記されるべきです。

OKな原材料表の例
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ


安心なキャットフードを見分けるコツ2 「ヒューマングレード」表記を探す

「ヒューマングレード」とは、人間(ヒューマン)でも食べられる品質(グレード」)の原材料を使用したキャットフードを意味します。

この表記があるフードは、家庭でごはんを作って食べさせてあげるのと同等の安心感があります。

反対に、ヒューマングレード表記がなく、

  • ミール、ミート
  • 動物性油脂
  • ○○パウダー

といった項目が原材料に含まれている場合、何の動物の肉かもわからない、人間では到底食べられず廃棄されるような粗悪なくず肉が使用されている可能性があります。

このようなくず肉を「4Dミート」と呼びます。4Dミートとは、Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉))という、人間用の食品基準には不合格となり、格安で家畜用にまわってくる肉のことです。なかには、ひづめや毛、糞尿などが重量にカウントされる可能性もあります。

4Dミートであるかどうかは記載されないため、ユーザー側には判断できませんが、「ミール、ミート、油脂、パウダー」の項目のあるフードを避けることである程度回避することができます。

確実なのは、「ヒューマングレード」と明記されているものを選ぶことです。単に「高品質な原材料を使用」と書かれているだけでは不十分です。品質に自信をもってアピールしているメーカーを選びましょう。

NGな原材料表の例
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉) 、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等) 、豆類(脱脂大豆)、動物性油脂、ミネラル類、アミノ酸類、ビタミン類、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号) 、酸化防止剤(BHA、BHT)


OKな原材料表の例
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ


安心なキャットフードを見分けるコツ2 危険な添加物を避ける

キャットフードは、原材料の品質が悪いものほど、添加物の量や種類も増える傾向があります。

「ミール」「ミート」より質のいいおいしい肉がたっぷり使用されていれば、嗅覚に優れた猫には材料本来の香りがわかり、おいしそうに食いついてくれます。しかし、何の動物のどの部位かわからないようなくず肉が使用されていると、おいしい匂いがしません。それを補うために、香料やうまみパウダーなどが足されていく…という循環になります。香料はNGフードのサインと考えてください。

また、猫の視覚は色の区別がつきませんので、着色料は猫にとってはまったく用のないものです。ですがキャットフードではなぜか緑色とオレンジ色の粒をよく見かけます。これは飼い主に向け、野菜とお肉をイメージさせるために添加されると考えてよいでしょう。猫ちゃんの健康とおいしい食事のために、着色料は避けてください。

最後に保存料です。キャットフードが傷まないように加えられる「酸化防止剤」は、賞味期限の長いドライフードには必要なものですが、天然由来の安心なものと、発がん性のある保存料に分けられます。特に「BHT」「BHA」は危険なので、見つけたらそのフードは避けてください。安心できるキャットフードは、ビタミンの一種「ビタミンE(トコフェロール)」やハーブ類を使用しているものが多いです。

NGな原材料表の例
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉) 、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等) 、豆類(脱脂大豆)、動物性油脂、ミネラル類、アミノ酸類、ビタミン類、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号) 、酸化防止剤(BHA、BHT)


OKな原材料表の例
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ


これをすべて満たしているフードは、日本で買える200近いキャットフードのうち、たった5%もありません。数少ない安心キャットフードの中でも、優れた品質に対する価格が手ごろで、食いつき実績も抜群に高いカナガンキャットフードが獣医の視点でおすすめです。

「いいものを」を考えるすべての方におすすめできるエース級キャットフード

おすすめは「カナガンキャットフード」です。カナガンキャットフードは、
カナガンキャットフード

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの新鮮な鶏肉を使用
  • 人工の添加物ゼロ

というキャットフードです。食いつきモニター結果も「100%の猫が食べた」という驚異的な実力を発揮。品質がいいだけでなくおいしさもすごいのが魅力です。

dog_leg キャットフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページは ▶▶こちら


という方に、子猫から老猫まで全年齢でおすすめできます。

よく読まれている記事