1. ホーム
  2. 最新ニュース
  3. ≫最近Youtubeで人気のお風呂大好き猫!普通はお風呂嫌いの猫が多いのに違いはなぜ?猫が怒らないシャンプー方法は

最近Youtubeで人気のお風呂大好き猫!普通はお風呂嫌いの猫が多いのに違いはなぜ?猫が怒らないシャンプー方法は

2017.06.15

癒されるペットたちの瞬間を、SNSにアップする飼い主さんが増加中なんです。動画サイトYoutubeには、お風呂を楽しむ愛猫の姿が多数アップされています。

猫はあまり水が得意な動物ではないはずですが、おとなしくシャンプーされている姿を見ると何かコツがあるのでしょうか。

入浴中の猫

猫はなぜ水が苦手なのか

最近SNSでお風呂が大好きな猫たちの癒し動画をアップしている飼い主さんを多く見かけます。

また、それを見て思わず顔がほころんでしまうのは、猫の愛らしさに加え、水が苦手なはずの猫たちが、気持ちよさそうに入浴している珍しさもあるのではないでしょうか。そんな猫たちに注目したニュースもあります。
猫はなぜお風呂が嫌いなの? 上手に洗う方法を獣医師が解説】(マイナビニュースより)

獣医師が解説するこのニュースでは、猫が水を苦手とするのにはこのような理由があると挙げられています。

  • 猫の祖先は砂漠地帯に住み水と馴染みがなかった
  • 水浴びする習慣がなくDNAに刻まれている
  • 猫の毛は細く密に生えていて油分が少ないため、水を弾かず乾くのに時間がかかる
  • 自分で丁寧に手入れをするほどきれい好きのためで臭いが強くなることがない

猫はもともとあまりシャンプーの必要がない動物であると言われていますが、毛の長い猫はグルーミングがあまり得意ではなく自分だけできれいにするのは難しいようです。

また、毛の白い猫は汚れが目立ちやすく、見た目があまりきれいではなくなるということもあり、だいたい2ヶ月に1度くらいはシャンプーをしてあげた方がいいでしょう。

ですがトラやジャガーなどの猫科の動物は水を怖がることはなく、猫の中にも水好きな種もいるようで、すべての猫が水が苦手かというとそうではないと言えます。

上手にシャンプーする方法とは

猫の負担にならないようにシャンプーをするために、まずは準備が必要となります。シャンプーの前に事前に準備しておくものをチェックしておきましょう。

  • 猫用のシャンプー
  • 赤ちゃんの沐浴用のバスタブかペット用のバスタブ
  • タオル数枚
  • ガーゼタオル
  • ペット用のブラシ
  • ドライヤー

準備ができたら、どのようにシャンプーをすれば猫が嫌がらないのか見ていきましょう。

1.ブラッシング

入浴の前に丁寧にブラッシングし抜け毛を除去、そして毛の絡みをほぐしておきます。

2.お湯につける

バスタブに溜めたお湯のなかにそっとつけます。お湯の温度は37~38度くらいのぬるめが適温。

3.洗う

猫用のシャンプーを良く泡立てます。背中、お腹の順で洗いますが、尻尾と手足は触られるのを嫌がる猫が多いので、無理に洗う必要はありません。

顔や耳を洗うのは水が入ってしまうので危険です。柔らかいガーゼを水に浸しやさしくなでる感覚で拭いてあげるといいでしょう。耳は綿棒やガーゼで入り口のみを掃除します。猫用のイヤーローションがあれば完璧です。

4.洗い流す

背中から泡を落としていきます。勢いよくシャワーの水を出すとびっくりする愛猫もいるので気を付けましょう。猫は自分の体をなめるため、長し残しのないよう、シャンプーをしっかりと落としましょう。

5.乾かす

濡れたままでいると体温を奪われてしまうので、まずはしっかりとタオルドライした後にドライヤーで乾かします。

ドライヤーの音が怖いという愛猫もいるため、しっかりとタオルでふき取った後、温かい部屋で自然乾燥させてもOKです。

このような手順で行うと、愛猫のシャンプーはスムーズに実行できるのではないかと思います。ですがどうしてもお風呂が苦手だという愛猫には、ドライシャンプーという手もあります。愛猫がなめても害のない便利グッズが登場しているようです。

まとめ

猫は基本的に水が苦手であり、それは祖先から続くDNAによるものであると考えられます。ですが中には水が得意な猫種もあり、すべての猫が水嫌いかというとそうではないようです。

猫が負担にならないようにシャンプーするためには手順があり、気を付けなければいけないこともあります。手順通りに行えばOKですが、中にはどうしてもお風呂入りたがらない頑固な愛猫もいます。

そのような場合は洗い流す必要がなく健康にも害のないドライシャンプーなどを活用すると、清潔さを保つことができます。

よく読まれている記事