1. ホーム
  2. キャットフードのお得な最新ニュース
  3. ≫トリマー指南!猫と心を通わせる7つの方法

トリマー指南!猫と心を通わせる7つの方法


2017.11.16

猫は気ままで頑固な反面、非常に繊細な動物であることも知られています。愛猫との距離を感じ、その距離をできるだけ縮めたいという飼い主さんもいることでしょう。

猫じゃらし

そんな猫との絆の深め方を、現役のトリマー教えてくれます。

ペットトリマーが教える猫との絆の深め方

猫は自由気ままな動物ですので、どのように接したらいいのか悩んでしまうこともありますよね。そんな時、どのようにして愛猫とコミュニケーションをとるべきなのでしょうか。

ペットトリマーであり、猫のことを知り尽くしているキャットグルーマーさんがその極意を教えてくれています。

ペットトリマーが教える「猫の愛で方」7つの極意」(exciteニュースより)

キャットグルーマーとは

キャットグルーマーライセスは、猫の性格や個性を見極め、個々に適した扱い方をマスターし、猫がリラックスした状態でグルーミングすることができる知識と技術を習得したスペシャリスト。

身体の手入れだけではなく、健康管理ができる能力も必要。動物にも飼い主さんにも好かれる接客・コミュニケーション力を備えた猫美容のプロ。(一般社団法人全日本動物専門教育協会HPより引用)

ポイント1:5つの基本ルールを守る

①自分の好みや習慣の押し付けをやめる
無理やり散歩に連れだしたり、かわいいからと洋服を着せたりすると毛づくろいができずストレスの原因になります。

②つかず離れず絶妙な距離感で接する
マイペースな猫は、あまりにもベタベタされることが苦手です。過剰なスキンシップは控えるようにしましょう。

③なで時を見極める
愛猫がリラックスしている時にかまってあげましょう。なで時と見極めることが大切です。

④無理やり抱っこしない
猫は基本的に抱っこされるのが苦手だといいます。嫌がっているのに無理やり抱っこするのは避けた方がいいでしょう。抱っこする時は、体が安定するようにして抱っこしてあげてください。

⑤体罰は厳禁
言うことを聞かなかったからといって、大声で叱ったり叩いたりする行為は厳禁です。飼い主への恐怖心を抱くことになってしまいます。

ポイント2:狩猟本能をくすぐる遊び方

猫はもともと狩猟をし獲物を捕まえていた肉食動物です。猫じゃらしを使ったりしながら、狩猟本能を満たす遊びで満足感ゲット。

ポイント3:猫がパニックになった時は手を出さず優しく見守る

興奮している猫に近づくと、さらにパニックを助長させる恐れがあります。そのような場合は、近くで見守ってあげるといいでしょう。

ポイント4:猫が大好きななでスポットを知っておくこと

猫がなでられて喜ぶ場所を押さえておくことが大切です。あご下や背中、額などが大好きです。

ポイント5:初めての抱っこが猫マスターへの道

初めて愛猫を抱っこする時がとても重要。いきなり抱っこするのではなく、徐々に距離を近づけていくことをおすすめします。無理やり抱っこはNGです。

ポイント6:しっかりと密着する抱き方を習得せよ

猫との間に隙間を作らず、しっかりと密着できる抱き方を覚えましょう。お尻をしっかりと支え、安定するように。

ポイント7:猫アレルギーは睡眠不足で悪化

十分な睡眠がとれていないと、免疫機能の低下を招き、猫アレルギーを悪化させてしまう危険性があるため、しっかりと睡眠をとりましょう。
これら7つのポイントをしっかりと押さえていれば、愛猫のいいコミュニケーションが取れるようになるそうですよ。

まとめ

愛猫との絆を深めるため、しっかりとコミュニケーションが取れるようにするには7つのポイントがあるそうです。

猫の性格や個性を見極める猫美容のプロであるキャットグルーマーが指南する極意をしっかりと習得し、愛猫と心通わせることができるといいですね。

よく読まれている記事